電気工事を安全におこなう技術者の信頼の証明

電気工事士

  • 専門技術を取得
  • 就職・転職に有利
  • 実力やレベルを証明

国家資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

電気工事士は電気設備に関する国家資格で、試験は財団法人 電気技術者試験センターが実施しています。電気工事は様々な法令によって基準が定められており、法令を守って安全確実な仕事をすることが要求されます。ビル、工場、商店、一般住宅などの電気設備の安全を守るための工事は、内容によって電気工事士の資格をもつ人でなければおこなってはならないと定められています。

級・レベル・上位資格

電気工事士の資格には、第一種と第二種の2種類があります。第二種電気工事士は、一般住宅や店舗などの600ボルト以下で受電する設備の工事に従事できます。第一種電気工事士は、第二種の範囲に加え、最大電力500キロワット未満の工場、ビルなどの工事に従事できます。

職場

電気工事の作業を行う電気工事会社などに勤務するのが一般的です。また、家電店の店員も、修理、設置、取り付けなどの電気工事をおこなうことがあり、配属先によっては電気工事士の資格が必要になります。

将来性

大手の電気工事会社では、10年以上の経験を積むと現場の責任者である職長として数人の部下を任せられるようになります。そのほか、電気主任技術者などの資格を取ることによって、ビル管理技術者や工事管理者の仕事にステップアップしたり、独立して電気工事業を営むチャンスができます。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験と技能試験があります。
【筆記試験】
マークシートによる四肢択一方式
【技能試験】
持参した作業用工具により、配線図で与えられた問題を支給される材料で、一定時間内に完成させる。

費用

受験手数料:
<第一種>11,300円(ゆうちょ銀行の払込取扱票)、10,900円(インターネット)
<第二種>9,600円(ゆうちょ銀行の払込取扱票)、9,300円(インターネット)

受験地

公式サイトを参照してください。

難易度

2016年度の試験結果は以下のとおりです。
<第一種>
【筆記試験】受験者数 39,013名、合格者数 19,627名、合格率 50.3%
【技能試験】受験者数 23,677名、合格者数 14,602名、合格率 61.6%

<第二種>(上期、下期合計)
【筆記試験】受験者数 114,528名、合格者数 67,150名、合格率 58.6%
【技能試験】受験者数 84,805名、合格者数 62,216名、合格率 73.3%

スケジュール

年1〜2回
<第一種試験>申込受付期間:7月上旬〜下旬、筆記試験:10月上旬、技能試験:12月上旬(筆記試験免除者は10月)
<第二種試験>申込受付期間:上期3月上旬〜4月上旬/下期6月中旬〜7月上旬、筆記試験:上期6月上旬/下期10月上旬、技能試験:上期7月下旬/下期12月上旬
ただし、1年に受けられる試験は上期・下期どちらかのみ

お問い合わせ

◎財団法人電気技術者試験センター
〒104−8584 東京都中央区八丁堀2−9−1 秀和東八重洲ビル8F
TEL:03−3552−7691 
URL:http://www.shiken.or.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR