電気通信ネットワークの監督責任者

電気通信主任技術者

  • 専門技術を取得
  • 就職・転職に有利
  • 実力やレベルを証明

国家資格

試験難易度 AA 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

電気通信主任技術者は電気通信国家試験センターが試験をおこなう国家資格で、電話、携帯電話、ケーブルテレビなどの電気通信ネットワークの工事・維持・運用の監督責任者のことです。

試験は、伝送交換主任技術者と線路主任技術者の2種類があります。
伝送交換主任技術者は、電気通信事業に使用する伝送交換設備と附属する設備の工事・維持・運用について監督することができます。線路主任技術者は、電気通信事業に使用する線路設備と附属する設備の工事・維持・運用について監督することができます。

職場

勤務先は、携帯電話、電話、インターネット、ネットワーク関係の通信機器メーカーや通信事業会社など。
通常、担当している仕事は、携帯電話などの電気通信機器の設計・検査、製作・修理に関する技術的指導、また、無線・有線の電気通信施設の計画・設計や、敷設工事の施工・管理などの技術的業務となっています。

将来

電気通信事業における技術革新のスピードは非常に早いため、いつも新しい技術を取り入れる向学心が求められます。
電気通信事業者は、その事業用電気通信設備を、総務省令で定める技術基準に適合するよう、自主的に維持するために、事業場ごとに電気通信主任技術者を選任し、電気通信設備の工事、維持および運用の監督にあたらなければなりません。したがって、電気通信主任技術者の国家資格をもつ技術者は、電気通信事業にとってなくてはならない人材です。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容・科目

全試験科目ともにマークシート方式です。

【共通科目】
・電気通信システム(電気通信工学の基礎、電気通信システムの大要)
・法規(電気通信事業法及びこれに基づく命令、有線電気通信法及びこれに基づく命令、電波法及びこれに基づく命令、不正アクセス行為の禁止等に関する法律並びに電子署名及び認証業務に関する法律及びこれに基づく命令、国際電気通信連合憲章及び国際電気通信連合条約の大要)

【伝送交換主任技術者の科目】
・専門的能力(伝送、無線、交換、データ通信、通信電力から1つ選択)
・伝送交換設備及び設備管理(伝送交換設備の概要、伝送交換設備の設備管理、セキュリティ管理)

【線路主任技術者の科目】
・専門的能力(通信線路、通信土木、水底線路から1つ選択)
・線路設備及び設備管理(線路設備の概要、線路設備の設備管理、セキュリティ管理)

受験地

札幌、仙台、東京、金沢、長野、名古屋、大阪、広島、松山、福岡、熊本、那覇

難易度

各科目の満点は100点で、合格点は60点以上です。
平成23年度第2回試験の結果は以下のとおりです。

<伝送交換主任技術者>
受験者数 2,759名 合格者数 624名 合格率 22.6%

<線路主任技術者>
受験者数 1,190名 合格者数 222名 合格率 18.7%

スケジュール

試験は例年2回、7月と翌年1月に実施されます。

お問い合わせ

◎財団法人 日本データ通信協会 電気通信国家試験センター
〒170−8585 東京都豊島区巣鴨2−11−1 巣鴨室町ビル6F
TEL:03−5907−6556
http://www.dekyo.or.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR