発電所や工場で電気設備の保安監督をおこなう

電気主任技術者

  • 就職・転職に有利
  • 独立に有利
  • 専門技術を取得

国家資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 本文等ご参照下さい 実務経験等 本文等ご参照下さい

アウトライン

こんな資格・仕事

電気主任技術者は電気設備の保安監督になるための国家資格で、試験は財団法人 電気技術者試験センターが実施しています。工事の現場、発電所や工場といった受電設備や配線などがある場所には、電気主任技術者をおかなくてはなりません。
この資格は試験の合格によって取得する方法と、所定の学歴や実務経験によって取得する方法の2つがあります。

級・レベル・上位資格

資格の種類は第一種から第三種までの3種類があります。第一種では、すべての電圧の事業用電気工作物の工事・維持・運用について保安の監督ができます。第二種では、敷地内にある電圧17万ボルト未満の事業用電気工作物の工事・維持・運用について保安の監督ができます。
第三種では、電圧が5万ボルト未満の事業用電気工作物(一定規模以上の発電所を除く)の工事・維持・運用について保安の監督ができます。

職場

電力会社や変圧器、遮断機、配電盤、制御装置等の重電機器、変電設備を製造する電機メーカーなど。

将来性

電気主任技術者免状の取得者は、実務経験により第一種電気工事士や認定電気工事従事者の資格も取得することができます。

受験資格(年齢制限、実務経験)

受験資格は特にありません。
ただし、所定の学歴や実務経験によって取得する場合には、次の条件が必要です。
・指定校の卒業(工業高校電気科や大学の工学部電気工学科など)
 または第二種受験の場合には第三種免状、第一種受験の場合には第二種免状
・実務経験

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験がおこなわれます。
<第一種・第二種>
【一次試験】理論、電力、機械、法規の4科目で、多肢選択式(マークシート方式)
【二次試験】電力・管理、機械・制御の2科目で、記述方式

<第三種>
理論、電力、機械、法規の4科目で、五肢択一式(マークシート方式)

第一種・第二種の1次試験および第三種は科目合格制(3年以内)です。

費用

受験手数料:
<第一種・第二種>12,800円(ゆうちょ銀行の払込取扱票)、12,400円(インターネット)
<第二種>5,200円(ゆうちょ銀行の払込取扱票)、4,850円(インターネット)

受験地

<第一種、第二種>
札幌、仙台、東京、名古屋、野々市町(石川県)、大阪、広島、高松、福岡、那覇
<第三種>
札幌市、仙台市、山形市、新潟市、水戸市、埼玉県、千葉市、東京都、小金井市、神奈川県、大垣市、静岡市、名古屋市、津市、野々市町、彦根市、京都市、大阪府、神戸市、松江市、広島市、高松市、松山市、福岡市、長崎市、熊本市、別府市、那覇市

難易度

2016年度の試験結果は以下のとおりです。
<第一種>
【一次試験】受験者数 1,519名、合格者数 331名、科目合格者数 702名
【二次試験】受験者数 581名、合格者数 75名

<第ニ種>
【一次試験】受験者数 6,521名、合格者数 1,456名、科目合格者数 3,007名
【二次試験】受験者数 2,364名、合格者数 459名

<第三種>
受験者数 46,552名、合格者数 3,980名、科目合格者数 13,457名

スケジュール

年1回。
<第一種・第二種>
申込受付期間5月下旬〜6月中旬、一次試験8月下旬〜9月上旬、二次試験11月下旬
<第三種>
申込受付期間5月下旬〜6月中旬、試験9月上旬

お問い合わせ

◎財団法人 電気技術者試験センター
〒104−8584 東京都中央区八丁堀2−9−1 秀和東八重洲ビル8F
TEL:03−3552−7691
URL:http://www.shiken.or.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR