ホテル・レストランの接客サービス技能を認定する国家試験

レストランサービス技能士

  • 実力やレベルを証明
  • 就職・転職に有利
  • キャリアアップに有利

国家資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験が必要

アウトライン

こんな資格・仕事

レストランサービス技能検定とは、レストランなどで単に料理を運ぶだけでなく、お客様に満足していただくために必要とされる接客の技能を認定するものです。社団法人 日本ホテル・レストランサービス技能協会が試験を実施する国家資格です。ウェイターやウェイトレス、ホテリエ(ホテルの支配人や経営者)など、西洋料理を提供する者の技術や地位向上のために作られました。 合格者には、「レストランサービス技能士」と称することが許されます。

級・レベル・上位資格

1級から3級までの3レベルがあります。レストランサービス技能士と称するときは、級ごとに「1級レストランサービス技能士」などとなります。

職場・収入

ホテルのほか、レストランなどの飲食業界ではこの資格が高く評価されます。

将来性

技能検定は、学生も受検できる3級のレベルから、経験者向けの2級、1級の3段階に分かれています。飲食業界での経験を積むごとに上のレベルの試験をめざして自己研鑽を続ければ、着実にキャリアアップできるでしょう。

受験資格(年齢制限、実務経験)

所定の実務経験が必要です。
また、上位の級を受検するには下位の合格が必要です。
ただし、学校教育法による大学、短期大学、専門学校、高等学校で料飲サービスに関する学科を修めた者、職業能力開発促進法によって定められたレストラン等における料飲サービスに関する職業訓練を修了した者は実務経験が軽減されます。

<1級>
実務経験11年以上で、2級合格後4年以上

<2級>
実務経験3年以上で、3級合格後 2年以上。または、学校教育法により大学で料飲サービスに関する学科を修めた者。

<3級>
実務経験1年以上。
ただし、学校教育法により大学、短期大学、専門学校、高等学校で料飲サービスに関する学科を修めた者、職業能力開発促進法によって定められたレストラン等における料飲サービスに関する職業訓練を修了した者は実務経験が不要。

詳細は、公式サイトを参照してください。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

学科試験と実技試験があります。
実技試験は学科試験合格者に対して実施します。

【学科試験】
食品衛生及び公衆衛生、料飲一般、レストランサービス、食文化、施設の管理等、苦情への対応、関係法規、安全衛生
【実技試験】
レストランサービス作業、ワゴンサービス(1級のみ)
詳細は、公式サイトを参照してください。

費用

学科試験手数料:6,500円
実技試験手数料:
<1級>23,500円<2級>10,500円<3級>8,000円

受験地

【学科試験】
北海道、東北、新潟、東京、中部、関西、中国、四国、九州、沖縄の10会場で実施
【実技試験】
北海道、東北(2・3級のみ)、東京、中部、関西、中国・四国(3級のみ)、九州、沖縄の8会場で実施

難易度

合格率などの情報は公開されていません。学科試験、実技試験の合格基準はどの級でも60点以上です。

スケジュール

年1回
願書提出期間:5月中旬から6月下旬、学科検定:8月下旬、実技検定:10月〜11月、合格発表:9月上旬

お問い合わせ

◎社団法人 日本ホテル・レストランサービス技能協会
〒102−0072 東京都千代田区飯田橋3−3−11飯田橋ばんらいビル6F
TEL:03−5226−6811
URL:http://www.hrs.or.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR