証券分析と運用アドバイスの国際資格

CFA協会認定証券アナリスト

  • 実力やレベルを証明
  • 国際業務に有利
  • キャリアアップに有利

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 大学卒程度以上 実務経験等 実務経験が必要

アウトライン

こんな資格・仕事

CFA(R)(Chartered Financial Analyst)は証券分析および運用アドバイスにおいて世界的に認められている専門資格で、62の国と地域に140の拠点があります。複雑化とグローバル化の進む投資運用実務を反映して、高度な水準の試験が実施されています。そのため、世界規模で展開をおこなう金融機関の多くは、CFA(R)の有資格者を金融プロフェッショナルとして高く評価し、積極的に採用しています。
受験者は多い方から、アメリカ合衆国、中国、インド、カナダ、イギリスとなっています。

職場・収入

証券会社をはじめ、投資会社、投資信託会社、ブローカー・ディーラー、投資銀行など、金融業界やその周辺業界への就職・転職に極めて有利です。資産運用のグローバル化に伴い、高度な金融技術・ノウハウに精通したCFA(R)のニーズは非常に高く、国内でも外資系金融機関などからの評価は特に高くなっています。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。
ただし、試験合格後に資格を付与されるには幾つかの条件が必要です。
・1〜3レベルすべてに合格
・4年制大学卒業以上の学位、または同等と認められる実務経験
・CFA協会が規定する倫理規範と職務行為基準を遵守する誓約
・CFA協会への申請と会員登録

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験がおこなわれます。
試験はレベル1から3までの3段階にわけられ、マークシート、記述式、短答式の形式で実施されます。

費用

Program Enrollment Fee(プログラム登録料)とExam Registration Fees(受験申込料)が必要です。後者は登録時期によって金額が変わります。また、提携の大学によっては一部免除があります。
詳しくは公式サイトを参照してください。

受験地

世界各国都市で実施されます。試験時期によって開催都市数が変わります。詳しくは公式サイトを参照してください。

難易度

試験対策の学習時間としては、各レベルで300時間近くが目安になります。すべての試験に合格するには、平均で4年を要します。なお、CFAプログラム・パートナーとして日本の大学では、一橋大学大学院、早稲田大学大学院、青山学院大学大学院がパートナーシップを締結し、CFA資格をめざす人たちに最適の教育機関として認定されています。
2016年6月の合格率は以下のとおりです。
レベルI 43%、レベルII 46%、レベルIII54%

スケジュール

年1〜2回。
レベル1試験は6月と12月、レベル2・レベル3の試験は6月に実施されます。

お問い合わせ

◎一般社団法人 日本CFA協会
〒100−0004 東京都千代田区大手町1−9−7 大手町フィナンシャルシティサウスタワー5F
TEL:03−3517−5471
URL:https://www.cfasociety.org/japan/Pages/default.aspx

◎CFA Institute
URL:https://www.cfainstitute.org/Pages/index.aspx

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR