証券投資のリスクとリターンを分析する専門家

証券アナリスト

  • 実力やレベルを証明
  • キャリアアップに有利
  • 就職・転職に有利

民間資格

試験難易度 B 年齢制限 年齢制限なし
学歴 特定の養成機関への入学 実務経験等 本文等ご参照下さい

アウトライン

こんな資格・仕事

証券アナリストは、企業や産業に関する様々な情報を入手し、株式や債券などの証券投資の将来のリターンやリスクを予測し、投資の対象として価値があるかを分析し、レポート記事などにまとめます。 企業を訪問してインタビュー取材をおこなったり、決算情報などの資料を入手したりします。調査・分析の結果を踏まえ、さまざまな金融商品の最適な組み合わせを企画立案し、投資を考えている顧客に対してアドバイスすることもあります。
日本証券アナリスト協会が実施する「証券アナリスト教育・試験制度」は、証券分析業務に必要な専門的知識と分析技術の習得を目的として、通信教育講座による体系的な学習をおこない、講座終了後に検定試験を実施して学習成果を認定するものです。第2次レベル試験に合格し、かつ証券分析の実務経験を3年以上有すると認定されれば、日本証券アナリスト協会の検定会員(CMA)として入会の資格が得られます。

将来

金融業界をめぐる環境が激変する中で企業間競争が激化しています。証券アナリストとして高い業績を上げていくには、高度な情報収集力、分析力が求められ、資格取得などの自己研鑽が欠かせません。

職場

証券会社や銀行、保険会社をはじめとする金融機関、投信顧問会社などが一般的です。また、加入者から預かったお金を運用する年金基金のような組織や団体、上場企業の財務・IR(インベスターリレーションズ)部門で働く人も増えています。

受験資格(年齢制限、実務経験)

通信講座はだれでも受験でき、年齢や実務経験は問われません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

受講・試験内容

<1次レベル>
1)証券分析とポートフォリオ・マネジメント、2)財務分析、3)経済
以上の3科目の通信講座を4年以内にすべてを受講した後、第1次試験を受験します。

<2次レベル>
第1次試験に合格した人は、第2次レベル講座を受講できます。以下の4科目のすべてを受講した後、第2次試験を受験します。
1)証券分析とポートフォリオ・マネジメント、2)コーポレート・ファイナンスと企業分析、3)市場と経済の分析、4)職業倫理・行動基準

試験会場

東京、大阪、名古屋、札幌、仙台、金沢、広島、松山、福岡の国内9都市およびニューヨーク・ロンドン・香港の海外3都市にて実施

難易度

平成21年度の試験結果は下記のとおりです。

<第1次試験
春試験: 受験者数 9977人、合格者数 4,638人、合格率 46.5%
秋試験: 受験者数 6,815人、合格者数 3,361人、合格率 49.3%
<第2次試験>
受験者数 2,922人、合格者数 1,297人、合格率 44.4%

スケジュール

<1次レベル>
例年4月と9月に試験が実施されます。
<2次レベル>
例年6月に試験が実施されます。

お問い合わせ

◎社団法人日本証券アナリスト協会
〒103-0026 東京都中央区日本橋兜町2−1 東京証券取引所5F
tel 03−3666−1511
http://www.saa.or.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR