土地・建物の所在などを示す「表示登記」のスペシャリスト

土地家屋調査士

  • 独立に有利
  • 就職・転職に有利
  • 専門技術を取得

国家資格

試験難易度 AA 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

土地家屋調査士は、不動産の「表示に関する登記」を代行できる国家資格です。試験は法務省がおこないます。
土地や建物の表示が変更されたとき、法律により所有者は登記の申請をする義務がありますが、土地家屋調査士であれば所有者を代理できます。
「表示に関する登記」とは、所有者の権利の対象である不動産(土地・建物)の物理的状況(所在、地番、地目、地積、床面積等)を公示する登記のことです。登記の際には、土地家屋調査士が土地または建物の調査、測量をした後、申請手続きをします。
また、不動産に関する登記について登記官の処分を不服とする場合に、依頼を受けて審査請求の手続きなども担当します。
試験に合格したのち、日本土地家屋調査士会連合会の土地家屋調査士名簿に登録されることで土地家屋調査士になれます。

職場・収入

資格取得後に独立開業する人が多く、業務の幅を広げるために不動産の「権利に関する登記」を独占業務とする司法書士と併せて取得しているケースも見られます。試験に合格した後、全国各地にある土地家屋調査士会に入会して事務所を設立すれば、独立開業も可能です。

将来性

土地と土地との境界のことを不動産登記上は「筆界」といい、当事者同士で勝手に変えることはできません。筆界をめぐるトラブルの防止や早期解決のために、土地家屋調査士は調停人として筆界特定手続代理業務をおこないます。
また、特定の研修と法務大臣の認定を受けた土地家屋調査士は、土地の境界をめぐる民間紛争解決手続代理関係業務も手がけられます。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験と口述試験があります。

また、測量士、もしくは測量士補または一級建築士もしくは二級建築士となる資格を有する者は、筆記試験の一部(午前の部)の免除を受けられます。
【筆記試験】(午前の部、午後の部)
(1)民法に関する知識
(2)登記の申請手続(登記申請書の作成に関するものを含む)および審査請求の手続に関する知識
(3)土地・家屋の調査、測量に関する知識・技能であって、
ア.平面測量(トランシットおよび平板を用いる図根測量を含む)
イ.作図(縮図および伸図並びにこれに伴う地図の表現の変更に関する作業を含む)
(4)その他土地家屋調査士法第3条第1項第1号から第6号までに規定する業務をおこなうのに必要な知識および能力
なお、午前の部は上記のうち(3)、午後の部はそれ以外が出題範囲となります。

【口述試験】
筆記試験の出題範囲のうち、(1)、(2)、(4)の項目についておこなわれます。

費用

受験手数料:8,300円
土地家屋調査士名簿への登録手数料:25,000円

受験地

東京、大阪、名古屋、広島、福岡、那覇、仙台、札幌、高松の全国9会場

難易度

平成26年度の試験結果は、以下のとおりです。
受験者数 4,617名、合格者数 407名、合格率8.8%

スケジュール

年1回。
受付期間:5月下旬〜6月上旬、筆記試験:8月下旬 、筆記試験合格発表:11月下旬、口述試験:11月、最終合格者発表:12月中旬。

お問い合わせ

◎法務省
〒100−8977 東京都千代田区霞が関1−1−1
TEL:03-3580-4111(代表)
http://www.moj.go.jp/

◎各地の法務局・地方法務局の総務課(問い合わせ)
<東京都の場合>
東京法務局
〒102−8225 東京都千代田区九段南1−1−15 九段第2合同庁舎
TEL:03−5213−1234(代表)
http://houmukyoku.moj.go.jp/tokyo/


職能団体
◎日本土地家屋調査士会連合会
〒101−0061 東京都千代田区三崎町1−2−10 土地家屋調査士会館
TEL:03−3292−0050
URL:http://www.chosashi.or.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR