不動産資格の最高峰

不動産鑑定士

  • 独立に有利
  • 就職・転職に有利
  • 高収入も可能

国家資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

不動産鑑定士は、不動産を鑑定評価することができる国家資格です。この資格をもっていないと、不動産の鑑定はできません。
国や都道府県が土地の適正な価格をー般に公表するための地価公示や地価調査をはじめ、公共用地の取得、買収に関する資産評価などさまざまな分野で活躍できます。たとえば、相続税標準値・固定資産税標準宅地など税に関わる評価のほか、賃料改定や相続などに伴う訴訟案件の調査、担保物件の評価と、訴訟や契約の場でも必要とされます。また、会社の合併時の資産評価・現物出資の評価、不動産に関するコンサルティング、デュー・デリジェンス(企業の資産価値を適正に評価する手続きのこと)も業務の対象となります。
日本では「詳細調査」や「適正評価」と訳され、主として投資用不動産の取引きの際におこなわれます)

職場

勤務先は、不動産会社のほか、銀行の調査部や融資部、証券会社の抵当証券関連業務、商社の不動産部門、官公庁の土地計画を立案する部門などが考えられます。
独立開業の道もありますが、3年ほど不動産鑑定士事務所などに勤務してノウハウを修得してからが一般的でしょう。

将来性

国や都道府県からの定期的な仕事のほか、民間から依頼される仕事も多く、景気に左右されず、高い報酬を得られる職業です。
不動産会社をはじめ、金融機関、商社の業務にも関連するため、優秀な社員を選抜し、不動産鑑定士試験に合格するための特別研修をおこなう例もあります。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

試験は短答式試験と論文式試験です
【短答式】
不動産に関する行政法規、不動産鑑定評価理論 

【論文式】
民法(借地借家法、建物の区分所有等に関する法律を含む)、経済学(ミクロおよびマクロ経済理論と政策論)、会計学(財務会計論)、不動産の鑑定評価に関する理論

費用

受験手数料:12,800円

受験地

【短答式】
全国10会場(北海道、宮城、東京、新潟、愛知、大阪、広島、香川、福岡、沖縄)

【論文式】
全国3会場(東京、大阪、福岡)

難易度

2016年不動産鑑定士試験の結果は、次のとおりです。
【短答式試験】受験者数 1,568名、合格者数 511名 合格率 32.6%
【論文式試験】受験者数 708名、合格者数 103名 合格率 14.5%

スケジュール

年1回。
願書受付期間:2月中旬〜3月上旬(電子申請)短答式試験:5月の第2日曜日、論文式試験:8月の第1日曜日を含む土・日・月曜日の3日間、短答式試験合格発表:試験日のおよそ1か月後、論文式試験合格発表:試験日のおよそ2か月後

お問い合わせ

◎国土交通省 土地・水源局地価調査課
〒100−8918 東京都千代田区霞が関2−1−3
TEL:03−5253−8111、8378
URL:http://www.mlit.go.jp

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR