グローバル企業でのキャリアをねらう人の必須条件

MBA(Master of Business Administration)

  • 就職・転職に有利
  • キャリアアップに有利
  • 国際業務に有利

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 大学卒程度以上 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格

MBA(Master of Business Administration)、経営大学院(ビジネススクール)の修士課程を修了した人に与えられる資格です。
アメリカにおいては、MBAは管理職や企業経営者としてキャリアアップするときの条件と見なされています。
なお、日本でも、大学院に欧米型ビジネススクールを設置している大学があります。カリキュラムの内容と評価は大学によっても異なるため、どのビジネススクールを選ぶかが重要です。

仕事・職場

欧米でも定評のあるビジネススクール修了者は特に外資系企業では高く評価され、一定以上の地位を与えられているようです。日本では会社によって評価に違いがあるようです。
いずれにせよ、資格が地位や収入を保証するものではなく、その後の実績次第ということを認識すべきでしょう。

受験資格(年齢制限、実務経験)

学歴が必要です。
大卒者(国内・国外を問わず)であるほか、英語圏のビジネススクールでMBAを取得する場合、TOEFL(英語テスト)やGMAT(R)(入学適性テスト)の受験が必要です。
これらの試験結果や大学時の成績は入学の判定基準となります。ほとんどの米国ビジネススクールがGMAT(R)の受験を義務づけています。
また、一定の実務経験を必要とする場合もあります。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

TOEFLやGMATの得点、大学時代の成績やエッセイ(小論文)といった書類、推薦状、面接、職務経験などにより選考されます。

スケジュール

大学によって異なります。
一例では9月から授業を開始するビジネススクールの場合、前年の秋に願書請求を行い、年内か年明けには願書を送付します。
TOEFL等の成績が同レベルの場合は、願書を早く提出した人のほうが有利なようです。
大学によってはスケジュールが異なる場合があります。

お問い合わせ

◎Embark
米国および世界の主要大学院の概要、GMATのスコアなどがわかる
URL:http://www.embark.com/

◎日米両国の留学情報サービス
〒100−0014 東京都千代田区永田町2−14−2 山王グランドビル207号
TEL:03−3580−3231
URL:http://www.fulbright.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR