コンプライアンスの実務家としての実力を証明する

ビジネス実務法務検定試験(R)

  • これから有望
  • 実力やレベルを証明
  • キャリアアップに有利

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

コンプライアンスとは法令順守のことであり、多くの企業が「倫理憲章」や「企業行動基準」を策定し、不正や不祥事を未然に防止するための活動を積極的におこなっています。企業では、法務部門はもちろん、多くの社員にコンプライアンス能力が求められます。
東京商工会議所が実施するビジネス実務法務検定試験(R)は、コンプライアンス能力の基礎となる実践的な法律知識を体系的・効率的に学ぶことができる検定です。

級・レベル・上位資格

難度によって1〜3級があり、3級合格者にはビジネス法務リーダー(R)、2級合格者にはビジネス法務エキスパート(R)、1級合格者にはビジネス法務エグゼクティブ(R)の称号が付与されます。なお、1級受験し不合格となったもののうち、得点上位者を1級合格に準じ「準1級」として認定しています。準1級には称号はありません。

職場・収入

組織内での取得を推奨する、法務部門への人事異動や採用の際の能力評価の参考とするなど、企業の中でさまざまな形で活用されています。

将来性

企業には自己責任によるリスク管理が求められています。
また、グローバルに展開する企業においては、言語や文化の違う国や企業と良好な取引関係を保つために、国際的なビジネスのルールとして法律知識の重要性が増しています。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。
ただし、1級の受験には、2級に合格していることが条件となります。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記による試験がおこなわれます。
1級は論述式、2〜3級はマークシート方式です。

<1級出題範囲>
2級、3級の出題範囲
<2級出題範囲>
ビジネス法務の実務、取引をおこなう主体、会社取引の法務、会社財産の管理・活用と法律、債権の管理と回収、企業活動に関する法規則、会社と従業員の関係、紛争の解決方法、国際法務(渉外法務)
<3級出題範囲>
ビジネス実務法務の法体系、取引をおこなう主体、法人取引の法務、法人財産の管理と法律、債権の管理と回収、企業活動に関する法規制、法人と従業員の関係、ビジネスに関連する家族法

費用

受験料(税込)
<1級>10,800円、<2級>6,480円、<3級>4,320円

受験地

全国各地
詳しくは公式サイトを参照してください。

難易度

2015年度の試験結果は下記のとおりです。
<1級>受験者数 569名、合格者数 66名、合格率 11.6%
<2級>受験者数 15,292名、合格者数 3,517名、合格率 23.0%
<3級>受験者数 20,791名、合格者数 15,426名、合格率 74.2%

スケジュール

年1〜2回
2・3級試験は年2回(7月と12月)、1級は年1回(12月)実施されます。
7月試験:申込登録期間4月中旬〜5月中旬、成績票発送日8月上旬
12月試験:申込登録期間9月下旬〜10月下旬、成績票発送日1月中旬

お問い合わせ

◎東京商工会議所 検定センター
〒100−0005 東京都千代田区丸の内2−5−1
TEL:03−3989−0777(土日・祝日・年末年始を除く10:00〜18:00)
URL:http://www.kentei.org/houmu/index.html

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR