経営コンサルタントの国家資格

中小企業診断士

  • 就職・転職に有利
  • 独立に有利
  • 高収入も可能

国家資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

中小企業診断士は、中小企業の経営者の相談に応じて、経営状態を総合的に調査・分析し、経営の合理化を図るため、改善点や改善方法をアドバイスする専門家です。
法律上の国家資格として「中小企業支援法」第11条に基づき、経済産業大臣によって登録されます。
中小企業診断協会が実施する一次試験に合格後、実務補習または診断実務、あるいは養成課程を経る必要があります。

将来性

国や都道府県、市区町村の中小企業支援担当部門や研究機関、中小企業関係団体・金融機関、中小企業の支援をおこなう独立行政法人・特殊法人・財団法人・社団法人または金融機関、コンサルティング会社などの民間企業が主な活躍の場です。
中小企業診断士の資格を生かして独立開業する人もおり、税理士、社会保険労務士、技術士などのW資格で中小企業を全般的に助言、支援する経営コンサルタントとして開業しているケースも見られます。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験と口述試験がおこなわれます。
【第1次試験】
経済学・経済政策、財務・会計、企業経営理論、運営管理、経営法務、経営情報システム、中小企業経営・中小企業政策の7科目についての筆記試験(多肢選択式)

【第2次試験】
筆記試験:中小企業の診断および助言に関する実務の事例
口述試験:小企業の診断及び助言に関する能力について

【実務補習(インターンシップ)または診断実務従事】
2次試験に合格した後、実務補習の修了または実務に従事することが必要です。
期間はいずれも15日以上となっています。

中小企業診断協会が実施する「中小企業診断士実務補習」は、1グループを受講者6人以内で編成し、指導員の指導のもと、実際に企業に対して経営診断・助言をおこないます。企業に対して、現場診断・調査、資料分析、診断報告書の作成、報告会を実施します。

費用

受験料:
【第1次試験】13,000円
【第2次試験】17,200円

受験地

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡、那覇

難易度

2016年度の試験結果は以下のとおりです。
【第1次試験】受験者数 16,024名、合格者数 3,404名、合格率 17.7%
【第2次試験】受験者数 4,413名、合格者数 842名、合格率 19.2%

スケジュール

年1回
【第1次試験】
申込期間5月初旬〜6月初旬、試験8月初旬、合格者発表9月初旬
【第2次試験】
申込期間8月下旬〜中旬、筆記試験10月下旬、口述試験12月中旬、最終合格者発表1月初旬

お問い合わせ

◎社団法人中小企業診断協会
〒104−0061 東京都中央区銀座1−14−11 銀松ビル
TEL:03−3563−0851
URL:http://www.j-smeca.jp/

◎中小企業大学校東京校
〒207−8515 東京都東大和市桜が丘2−137−5
TEL:042−565−1192
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/tokyo/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR