海上保安庁の巡視船艇の勤務に必要な知識や技術を学ぶ

海上保安大学校

  • 公的機関への就職
  • 専門技術を取得
  • ボランティア・救助

採用試験

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限あり
学歴 高卒程度以上 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

海上保安大学校は4年制で、将来、海上保安庁の幹部となる職員を養成するための教育機関です。広島県呉市にある海上保安大学校の教育期間は全寮制で過ごします。
授業は法律や海上保安行政に関する内容が中心で、そのほか、逮捕術などの訓練を受けます。2学年後期からは、巡視船艇で勤務するときに担当する仕事に必要な専門知識の習得のために、第1群(航海)、第2群(機関)、第3群(情報通信)のいずれかを選択して専攻します。4年制の本科を卒業すると、学士「海上保安」の学位が授与されます。
その後、専攻科(6か月)に進み、練習船「こじま」での世界一周遠洋航海実習のほか、犯罪捜査、鑑識、海難救助など、海上保安業務に直結した実務を学びます。

将来

専攻科修了後、全国各地の巡視船艇などに主任航海士などとして2〜3年乗り組みます。
その後、海上勤務と陸上勤務を交互に繰り返しながらキャリアアップしていきます。

また、希望と適性により航空研修を受け、ヘリコプターの飛行士として勤務する道もあります。

収入

入学と同時に国家公務員(海上保安庁職員)に採用されます。月額約14万円の給与が支給されるほか、ボーナス(年2回)が支給されます。
入学金、授業料、学生寮費などは不要です。制服や寝具などは貸与されます。ただし教科書代と食費は自己負担になります。

受験資格(年齢制限、実務経験)

学歴などの条件があります。
(1)入学する年の4月1日に高等学校または中等教育学校を卒業した日の翌日から2年経っていないこと、もしくは平成25年3月までに高等学校または中等教育学校を卒業する見込みであること
(2)高等専門学校の第3学年の課程を修了しており、入学する年の4月1日において修了の翌日から2年を経っていないなど、人事院が(1)と同等と認める場合

ただし、国家公務員法により国家公務員採用試験を受けられない人を除きます。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

一次試験と二次試験が実施されます。
【一次試験】
・基礎能力試験(多枝選択式):公務員として必要な基礎的な能力(知能及び知識)についての筆記試験。知能分野(文章理解、課題処理、数的処理、資料解釈)、知識分野(自然科学、人文科学、社会科学)
・学科試験 (多枝選択式・記述式)。
数学機⊃学記機⊃学A、数学B(数列、ベクトルの分野に限る)、英語機英語記機■渦別楞択(物理機化学機
・作文試験
【二次試験】
・人物試験(人柄・対人能力などについての個別面接)
・身体検査、身体測定、体力検査

費用

受験料はありません。

受験地

全国各地

難易度

2015年度海上保安大学校学生採用試験の結果は以下のとおりです。
申込者数 642名、合格者数 82名

スケジュール

年1回
受付期間8月下旬〜9月上旬、一次試験11月上旬、二次試験:12月下旬、最終合格発表1月下旬

お問い合わせ

受験に関する各種資料の請求先
◎海上保安庁総務部教育訓練管理官付学校教育係
〒100−8918 東京都千代田区霞が関 2−1−3
TEL:03−3580−0936

◎海上保安大学校のホームページ
URL:http://www.jcga.ac.jp/

◎人事院国家公務員試験 採用情報NAVI
URL:http://www.jinji.go.jp/saiyo/saiyo.htm

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR