競馬で活躍する馬を訓練・マネージメントする

調教師(競馬)

  • キャリアアップに有利
  • 高収入も可能

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限あり
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

調教師は、競馬で用いられる馬を馬主から預かり、育成・訓練して、レースに出場させる仕事をします。競馬がおこなわれる中央競馬(JRA)・地方競馬全国協会(NAR)には、馬が所属する厩舎があり、そこで馬はトレーニングを受けます。調教師は自身の厩舎をもって経営・運営をしますが、トレーナーというだけでなく、牧場で有望な馬を探したり、レース出走のやり方、馬主や騎手との打ち合わせなど、馬の管理を通じて競馬をマネージメントする役割もあります。
中央競馬に出る馬を調教できるのは日本中央競馬会の免許をもつ調教師のみと競馬法で定められています。また、地方競馬の調教師は、地方競馬全国協会が認定しています。試験については、JRA、NARがそれぞれ条件を定めておこなっています。
なお、調教師という場合、「動物の調教師」という広い意味で使われることもありますが、競馬における調教師は免許制であり、テーマパークなどで飼育・調教をおこなう仕事とは異なるものです。

職場・収入

厩舎と呼ばれるJRA・NARに所属する施設が職場です。ここ以外で調教師の仕事をすることはできません。厩舎の運営は、それぞれ個人名を掲げて「○田○男」厩舎などの名前であるように、個人経営です。馬主からの預託金、出走時の収入のほかに、レースで勝ったときの獲得賞金などの収入も期待できるため、個人の能力によってはかなりの高収入が見込めます。その反面で、資金繰りに苦労するケースもあり、個人によって大きな違いがある仕事といえます。

受験資格(年齢制限、実務経験)

年齢制限ほかの条件があります。
JRA、NARの双方とも、受験日当日に28歳以上であること。

またどちらも、騎手と調教師の免許を同時に取得することはできません。このほかに特定の課程を修了していること、競馬場に就業予定であること、など複数の条件があります。詳細は公式サイトを参照してください。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験・身体検査・口頭試験・人物考査・技術試験がおこなわれます。
<JRA>
【第一次試験】
学力および技術に関する筆記試験、身体検査
試験項目:競馬関係法規に関する専門的知識、労働関係基本法規に関する一般的知識、調教に関する専門的知識、馬学、衛生学、運動生理学、装蹄、飼養管理及び競馬に関する専門的知識
【第二次試験】
学力及び技術に関する口頭試験、人物考査
試験項目:競馬関係法規並びに厩舎の経営及び管理に関する専門的知識及び一般常識、衛生学、運動生理学、装蹄及び飼養管理に関する専門的知識、馬学及び競馬に関する専門的知識

<NAR>
身体:提出された身体検査書による審査及び面接による審査
人 物:業務実施状況等の調査に基づく審査及び面接試験
学科試験:競馬関係法規、労働関係法規及び一般常識
技術試験:馬の飼養及び調教に必要な技術並びに調教師補佐、騎手及び厩務員の指導に必要な知識、調教師の業務に関する識見、小論文(調教師の業務に関する識見)

費用

試験料金については公開されていません。
合格後に必要な免許手数料は以下のとおりです。
<JRA>
免許手数料:3,000円
<地方競馬>
免許手数料:2,000円

受験地

<JRA>
【一次試験】栗東(滋賀県栗東市)または美浦トレーニング・センター(茨城県稲敷郡)
【二次試験】東京競馬場

<NAR>
公開されていませんが、回ごとに開催の対象区が異なるようです。

難易度

どちらも合格率などのデータは発表されていません。NARでの試験合格者は毎回数名です。一般的に騎手や厩務員などを経てから試験を受けるため、合格までの道のりは何年もかかると考えていいでしょう。

JRAの2017年度合格者は以下の通りです。
栗東:96名、美浦:98名、合計:193名

スケジュール

JARは年1回、NARは年数回です。
<JRA>
申込受付:8月下旬〜9月中旬、第一次試験:9月下旬、第一次試験合格発表:10月中旬、第二次試験:11月下旬、合格発表:12月上旬

<地方競馬全国協会>
年3回〜4回

お問い合わせ

◎日本中央競馬会(JRA)
〒106−0032 東京都港区六本木6−11−1
URL:http://jra.jp

◎NAR地方競馬全国協会
〒106−0041 東京都港区麻布台2−2−1
URL:http://www.keiba.go.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR