IT時代に即した実用的翻訳スキルを認定

JTA公認翻訳専門職

  • 実力やレベルを証明
  • 就職・転職に有利
  • 在宅・パートタイム向き

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 本文等ご参照下さい

アウトライン

こんな資格・仕事

JTA公認翻訳専門職は、社団法人 日本翻訳協会が主宰している、翻訳のための民間資格です。インターネットの広まりにつれて、多言語対応のニーズが高まっています。そうした事情を背景に、この試験は実用に足りるレベルで、素早く翻訳ができるプロの翻訳技術者を認定するためにスタートしました。
この試験では文章そのものの翻訳能力のほかに、翻訳のスピード、ITの基礎知識など、資格取得後、インターネットを利用して翻訳業務をしていくためのスキルも重要視しています。

級・レベル・上位資格

英語または中国語での受験です。
さらに、それぞれ専門分野があります。
英語部門の専門分野:フィクション、ノンフィクション、IR/金融、リーガル、医学/薬学、特許(IT)
中国語部門の専門分野:リーガル、ビジネス一般

職場・収入

将来、翻訳者として活躍したいと願う人のキャリアアップにつながります。翻訳者の多くは、フリーランスとして活躍しています。
翻訳専門会社による作品審査を受け、合格すれば翻訳の仕事につながりますが、翻訳技能を証明する資格があれば、審査のときに高く評価されます。

将来性

文学作品などの出版のジャンルばかりでなく、科学技術、医療、金融などの産業分野など、翻訳技術者が活躍できる場は今後も広がっていくと見られています。

受験資格(年齢制限、実務経験)

受験資格は特にありません。
ただし、JTA公認翻訳専門職の資格を取得するためには、4科目すべてに合格したのち2年間の実務経験を経て、実績審査にパスしなくてはなりません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験がおこなわれます。

<英語部門(日英/英日)>
・翻訳文法技能試験
・翻訳IT技能試験(英・中共通)
・翻訳専門技能試験(フィクション、ノンフィクション、IR/金融、リーガル、医学/薬学、特許(IT)からひとつを選択する)
・翻訳マネジメント知能試験(英・中共通)

<中国語部門(日中/中日)>
・翻訳文法技能試験
・翻訳IT技能試験(英・中共通)
・翻訳専門技能試験(英・中共通)(リーガル、ビジネス一般からひとつを選択する)
・翻訳マネジメント技能試験(英・中共通)

費用

受験料
単科:5,400円(消費税込)
2科目:10,800円(消費税込)
3科目:16,200円(消費税込)

受験地

インターネットによる在宅試験

難易度

科目によって合否が発表され、グレードを示す形式のため、合格率という形では発表されていません。

スケジュール

年3回
試験は3月、6月、9月、12月に実施されます。

お問い合わせ

◎社団法人 日本翻訳協会
〒107−0052 東京都港区赤坂4-3-1 共同ビル赤坂
TEL:03-6277-6413
URL:http://www.jta-net.or.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR