美術を鑑賞するための知識を測る

美術検定

  • 教養を豊かに
  • 生活・趣味を充実

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

美術館などで美術作品を鑑賞する場合に、持っているとより作品を味わうことができる知識を検定します。美術館やアートイベントの活動に参加する人や、教養を高めたい人に向いています。

級・レベル・上位資格

1級から4級までの4レベルがあります。

将来性

趣味として人生を豊かにするために用いられることが多い検定です。1級を取得すると、美術館・アートイベントのギャラリーガイド、サポーターとして活躍できるだけの知識を持っていると証明できます。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。
1級のみ2級の取得が必要です。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験がおこなわれます。
出題内容は以下のとおりです。
<1級>
穴埋め問題、記述式問題
「美術鑑賞の場の役割や機能、現状に関する知識」「鑑賞をする視点からの作品描写、より楽しい鑑賞のためのアイデア」など
<2級>
マークシート問題、穴埋め問題
「西洋美術・日本美術史の基本的な知識や情報」「建築工芸や技法、写真映像、現代美術、美術館など幅広い美術の知識」「社会と美術史、作品との関連を踏まえて、美術鑑賞の場の役割や機能、現状に関する知識」
<3級>
マークシート問題
「代表的な作品や作家など(西洋美術・日本美術史の中から)」「美術の動向や形式、時代背景など、歴史的な流れについて」
<4級>
マークシート問題
「代表的な作品や作家など(西洋美術・日本美術史の中から)」

費用

受験料(税込):<1級>9900円、<2級>7800円、<3級>6000円、<4級>3900円

受験地

東京・大阪・札幌・名古屋・福岡(1級は東京・大阪のみ)

難易度

2016年度試験の合格率は以下のとおりです。
<1級>14.6%
<2級>36.4%
<3級>74.4%
<4級>91.1%

スケジュール

年1回
申込期間:7月上旬〜10月上旬、試験:11月上旬、合否通知:12月下旬

お問い合わせ

◎美術検定事務局
〒毅毅-0033 東京都渋谷区猿楽町11−機.蕁Ε侫Д鵐涜經瓜械腺裡裡釘 B1 (株)美術出版社内
TEL:03−6809−0762
http://www.bijutsukentei.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR