特定の建物の環境を管理する国家資格

建築物環境衛生管理技術者

  • キャリアアップに有利
  • 実力やレベルを証明
  • 学校、講習等で取得

国家資格

試験難易度 AA 年齢制限 年齢制限なし
学歴 本文等ご参照下さい 実務経験等 実務経験が必要

アウトライン

こんな資格・仕事

建物を快適に利用するためには、空調設備や排水槽の衛生維持、害虫予防などさまざまな管理が必要です。建物のうち特定のものついては、これらの維持管理を監督するために、建築物環境衛生管理技術者の資格が必要と定められています。特定の建物とは、一定規模以上のオフィスビルのほか、映画館、デパート、学校などのことです。
なお、建築物環境衛生管理技術者は、一般的にはビル管理技術者とも呼ばれます。この資格を取得するには、所定の講習会を修了するか、国家試験の合格が必要です。

職場・収入

ビル管理技術者が必要な建物を持っている企業、そうした建物の管理やメンテナンスをおこなう企業が対象となります。求人面でも資格必須の条件があったり、有資格者を優遇しているケースが多く見られます。

将来性

一定して需要のある資格で、将来的にも比較的安定していると考えていいでしょう。

受験資格(年齢制限、実務経験)

所定の学歴・実務経験、または資格が必要です。

<講習会の受講資格>
・所定の大学課程を卒業し、1年以上の実務経験がある
・短期大学・高等専門学校で所定の課程を卒業し、3年以上の実務経験がある
・一級建築士、医師
・臨床検査技師免許があり、2年以上の実務経験がある
など
<国家試験の受験資格>
実務経験2年以上

詳細は公式サイトを参照してください。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験がおこなわれます。

試験科目は以下のとおりです。
建築物衛生行政概論、建築物の構造概論、建築物の環境衛生、空気環境の調整、給水および排水の管理、清掃、ねずみ・昆虫等の防除

費用

受講料:108,800円(消費税は非課税)
受験手数料:13,900円(消費税は非課税)

受験地

<受講地>
札幌市、東京都、名古屋市、大阪府、広島市
<試験地>
札幌市、仙台市、東京都、愛知県、大阪府、福岡市

難易度

過去46回の国家試験において、合格率の平均は18.8%です。

スケジュール

講習会毎月、試験年1回
<講習会>
各地で順番に、ほぼ月1回程度のペースで開かれています。
<国家試験>
受験願書配布/書類提出期間:5月上旬〜6月中旬、試験:10月上旬、合格発表:11月上旬

お問い合わせ

◎公益財団法人 日本建築衛生管理教育センター
〒100−0004 東京都千代田区大手町1−6−1 大手町ビル7F 743区
TEL:03−3214−4620
URL:http://www.jahmec.or.jp

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR