無線LAN、ITでの音声サービスなどの技術を認定する

IPTPC認定技術者

  • 実力やレベルを証明
  • これから有望

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 本文等ご参照下さい
学歴 本文等ご参照下さい 実務経験等 本文等ご参照下さい

アウトライン

こんな資格・仕事

IPTPC認定技術者は、VoIP技術からユニファイド・コミュニケーション(UC)と言われる通信技術についての民間資格です。VoIP(Voice over Internet Protocol)とは、インターネットを利用して音声でのコミュニケーションを可能にするための技術のこと。たとえば、スカイプなどの通話サービスは、この技術を使って提供されています。また、UCとはビデオ会議やIP電話、音声認識サービスなどさまざまな通信サービスを総合してそう呼びます。
この資格認定制度の運営には、沖電気工業株式会社、日本電気株式会社、株式会社日立製作所、岩崎通信機株式会社、富士通株式会社、パナソニックシステムネットワークス株式会社という日本を代表する企業がかかわっています。

級・レベル・上位資格

IPTPC認定技術者には、7つの資格があります。

VoIPマスタ:もっとも高い技術力を認定する
VoIPコンストラクタ:システムの構築・施工・保守などに必要なレベル
セキュリティデザイナ:企業ネットワークのセキュリティ設計・提案に必要なレベル(旧VoIPセキュリティ)
無線LANデザイナ:無線LAN(Wi−Fi)、無線IP電話システムなどの設計・提案に必要なレベル(旧 VoIPモバイル)
VoIPデザイナ:VoIPシステムの設計・提案に必要なレベル
ビジュアルコミュニケーションアドバイザ:ビジュアルコミュニケーションシステムの紹介や、ヒアリングなど基礎提案に必要なレベル
VoIPアドバイザ:顧客への紹介やヒアリングなど基礎提案に必要なレベル

職場・収入

VoIP技術を使って開発や設計をおこなう企業が、主な活躍の場となるでしょう。現状は、すでに実務経験を積んでいる技術者が、現場の必要に応じて受験している例が多いようです。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

CBT(コンピュータによる試験)がおこなわれます。

試験のうち、VoIPマスタとVoIPコンストラクタはベンダーごとの認定となっており、試験は非公開です。
その他の試験範囲は、対応する研修コースの内容に準じますが、研修に含まれない内容が出題されることもあります。

費用

試験手数料(税込);試験ごと  21,600円
なお、VoIPマスタ、VoIPコンストラクタは非公開です。

受験地

全国各地
ただし、VoIPコンストラクタとVoIPマスタは非公開です。

難易度

合格率については、公開されていません。合格基準は100点満点中65点以上です(VoIPコンストラクタとVoIPマスタを除く)。

スケジュール

随時
その他:試験は都合のいい日時を指定して受けられます。試験後、即時結果は通知されます。
なお、VoIPコンストラクタとVoIPマスタについては公開されていません。

お問い合わせ

◎IP電話普及推進センタ
〒335−8510 埼玉県蕨市中央 1−16−8
URL:http://www.iptpc.com/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR