孤独死などで亡くなった人の遺品を整理する

遺品整理士

  • 学校、講習等で取得

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

遺品整理士は、一般社団法人 遺品整理士認定協会が主催する講座を修了ののち認定試験に合格すると得られる民間資格です。遺品整理とは、人が亡くなった際におこなう部屋や荷物の片づけ・処理のことを言います。なお、この分野には公的な資格はまだありません。
かつては、人が亡くなるとその遺品は遺族が形見分けをしたり片づけたりして、整理するものでした。しかし、近年では生活スタイルが変わるなど、さまざまな事情から業者に依頼するケースが増えています。
遺品には廃棄するもの、リサイクルに回すもの、供養という形を取るものなど、状況によってさまざまで、必要に応じて法規制に準拠しながら整理をおこなう必要があります。また、供養する場合には亡くなった方や遺族の宗教に合わせて対応をしなくてはなりません。
遺品整理士は、こうした法知識や関連知識を正しく身につけ、遺品の取り扱い手順を学ぶことによって、一定のレベルにあることを証明できます。

職場・収入

遺品整理をおこなう清掃業・特殊清掃業、リサイクル業などを営む会社が主な職場です。遺品整理業を専門におこなう会社も登場しています。新しい需要から生まれた仕事なので、独立・開業といったことも比較的容易といえます。
ただし、その性質上、ストレスの貯まりやすい現場が続いてしまう可能性もあり、体力・気力ともにいる仕事でもあります。長く続けるには適性が必要となるでしょう。

将来性

従来は遺族が手がけていた作業ですが、最近ではライフスタイルが変化したことにより、遠方にいるためにできない、または遺族がいない、という状況が出てきました。遺品整理業は、こうしたニーズのもと需要が増えていますが、業者のサービスレベルはまちまちで、トラブルも発生しています。今後、業界のレベル向上・維持に向けて、今後は信頼できる資格の必要性も高くなると見られています。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

受講ののち、認定試験がおこなわれます。
受講期間は最大で2ヶ月間で、教本やDVDなどによる通信講座です。認定は課題提出による試験を経ておこなわれます。

費用

受講料(入会金):25,000円
会費(認定手続き含む):5,000円(2年間有効)

受験地

自宅

難易度

合格率などは公開されていません。

スケジュール

随時

お問い合わせ

◎一般社団法人 遺品整理士認定協会
〒066−0009 北海道千歳市柏台南1−3−1 千歳アルカディア・プラザ4F
TEL:0123−42−0528
URL:http://www.is-mind.org/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR