観光地を案内し、地域の魅力をアピールする

観光案内人

  • ボランティア・救助
  • 社会に貢献

その他

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 本文等ご参照下さい
学歴 本文等ご参照下さい 実務経験等 本文等ご参照下さい

アウトライン

こんな資格・仕事

観光案内人とは、観光地を案内する職業のこと。観光案内人になるための標準的な必須資格などはありませんが、日本各地の自治体や商工会議所では「観光案内人」を認定し、旅行者へのガイド役として紹介している例があります。この場合には、それぞれがおこなう検定試験に合格した人が観光案内人となります。一例では、伊勢商工会議所が主催する検定「お伊勢さん」上級編に合格した人がなれる「お伊勢さん観光案内人」、人吉会議所の養成講座を修了してなれる「人吉観光案内人」などがあります。
また、「信州登山案内人」(長野県の登山案内) のように、条例によって指定する試験に合格したうえでの登録を必須とし、より高い専門性を求めるケースもあります。
ただし、これはすべての観光地で実施されているとは限りません。なかには、山口県のように観光案内目的に限らず、地域の魅力を再発見してもらうために検定をおこなっている例もあります(「おいでませ!山口観光案内人検定」)。

職場・収入

地域によって事情が大きく異なるようです。観光案内所や観光情報センターで働く場合もあれば、観光案内人を認定する自治体や団体などに登録し、必要に応じて紹介してもらうなどの例があります。報酬は少額であることが多いのですが、その他の関連資格を取得し、観光案内業として独立する人も稀にいます。地域によっては、報酬を得るガイドの場合、観光案内人の取得を必須としているケースもみられます。その反面、地域の求めに応じて無報酬でガイドをするボランティアとしての制度を取っている地域もあります。

受験資格(年齢制限、実務経験)

実施地域・団体によって異なります。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

実施地域・団体によって異なります。
認定試験をおこなう例もあれば、登録のみでなれる例もあります。
たとえば検定「お伊勢さん」の場合では、筆記試験がおこなわれます。

費用

実施地域・団体によって異なります。
(検定「お伊勢さん」の場合)
受験料:初級1,600円、上級(各編)2,100円

受験地

実施地域・団体によって異なりますが、観光案内をする地域での実施が多いようです。

難易度

合格率などは、ほとんどが公開されていません。

スケジュール

実施地域・団体によって異なります。
(検定「お伊勢さん」の場合)
年1回、3月

お問い合わせ

各地域・団体にお問い合わせ下さい。

(検定「お伊勢さん」の場合)
◎伊勢商工会議所「検定『お伊勢さん』」係
TEL:0596−25−5151(9:00〜17:00/除:土日祝)
URL:http://www.ise-cci.or.jp/website/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR