すべてのアスリートに必要な基礎力をトレーニングする

SAQインストラクター

  • 専門技術を取得
  • 学校、講習等で取得

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 本文等ご参照下さい 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

SAQインストラクターはSAQトレーニングの指導者資格で、特定非営利活動法人 日本SAQ協会が資格認定をおこなう民間の制度です。
SAQトレーニングとは、1980年代後半にアメリカで開発されたトレーニング方法です。日本には1990年代前半に紹介されました。SAQは、スピード・アジリティ(敏捷性)・クイックネスの頭文字から取られた呼称で、さまざまなスポーツをおこなうにあたり、基礎となる能力を鍛えるトレーニングです。なお、SAQトレーニングで向上できるスキルをゼネラルスキルと呼びます。
資格取得後も継続学習として、3年間(SAQ会員の更新期限)までの間に4単位以上取得しなければなりません。更新後も継続学習は必要となります。

級・レベル・上位資格

レベル1から3までの3段階があります。
上位の資格を取得するには、下位レベルの所得は必須です。

職場・収入

スポーツクラブ・フィットネスクラブに勤務するほか、パーソナルトレーナー、学校の運動部指導者など、スポーツと運動に関わる仕事が考えられます。また小中学校の教師、自衛隊の教育係のように職域を広げるために取得する例も見られます。このほかに、地元のスポーツ活動で指導的役割を担うなど、このスキルを使って地域に貢献することもできます。

将来性

スポーツ指導以外にも、医療・リハビリ分野で活躍する整形外科医や鍼灸師、理学療法士が取得している例もあります。目指す分野での職域を広げるために役立つ資格といえるでしょう。

受験資格(年齢制限、実務経験)

年齢制限とSAQ会員登録という条件があります。

<レベル1インストラクター>
・SAQ会員登録
・18歳以上(セミナー受講中に18歳になる場合はOK)

上位レベルの認定を受けるには下位レベルの認定が、レベル3ではレベル講師としての指導実績が30日必要です。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

認定内容

認定を受けるには、各セミナーの受講、課題の合格などが必要です。

<レベル1インストラクター>
・レベル1セミナー15単位以上取得
(SAQ概論、プリパレーションタイム(旧ウォームアップ)、スピードトレーニング、アジリティ、クイックネス、下肢のプライオメトリクス、体幹のトレーニング、総合演習)
・心肺蘇生法(CPR)の受講

<レベル2インストラクター>
・レベル2セミナー20単位以上取得
(クイックネス(上級編)、アジリティ(上級編)、スピード(上級編) 、プライオメトリクス(上級編) 、SAQシンポジウム)
・実技課題の合格
・学術論文・文献を日本SAQ協会に認められること

<レベル3インストラクター>
・課題の合格

費用

SAQ会員年会費:2,000円(3年間6,000円)
(※入会金はなし)
インストラクターセミナー参加費:
<レベル1>20,800円(4日間)、5,200円(1日)
<レベル2>5,200円(1日)

受験地

全国各地
<レベル1セミナー>
盛岡、熊本、大阪、札幌、新潟、盛岡、仙台、香川、福岡、横浜、東京、名古屋、京都、鹿児島など
<レベル2セミナー>
札幌、仙台、静岡、東京、横浜、大阪、香川、熊本など

難易度

難易度については公開されていません。

スケジュール

セミナーは各地でおこなわれますが、3月は盛岡、4月は熊本など特定の期間に限られていることがあります。詳細は、公式サイトを参照してください。

お問い合わせ

◎特定非営利活動法人 日本SAQ協会
〒360−0024 埼玉県熊谷市問屋町4−2−2
株式会社クレーマージャパン内
TEL:048−529−3251
URL:http://www.nisaq.com/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR