自然治癒を助けるキネシオテーピングのスキル

キネシオテーピング資格

  • 専門技術を取得
  • 学校、講習等で取得

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

この資格は、キネシオテーピング協会が認定をおこなうキネシオテーピング法の民間資格です。キネシオテーピング法とは、人間の筋肉に近い伸縮率を持つキネシオテープというテープを人体に貼り、自然治癒力を促す技術のことです。「キネシオロジー(運動機能治療学)」に基づいていており、痛みを和らげたり、怪我を防止するほか、疲労回復・リハビリ効果も期待できます。なお、キネシオテープは1980年に日本で開発されました。

級・レベル・上位資格

目的別に4レベルにわかれています。
キネシオテーピング・アソシエーション・メンバー(KTAM):一般会員
サーティファイド・キネシオテーピング・トレーナー(CKTT):認定トレーナー
サーティファイド・キネシオテーピング・プラックティショナー(CKTP):療法家
サーティファイド・キネシオテーピング・インストラクター(CKTI):指導員
KTAMは受講による資格取得ですが、その他の資格は試験合格による取得になります。

職場・将来性

スポーツトレーナーや柔道整復師などスポーツやリハビリの現場で働く人が取得する例があります。また自分の健康のためにキネシオテーピング法を学び、資格を取得する人もあります。現在の職域やふだんの活動範囲を広げるなど、目的に合わせて取得・活用する傾向があるといえます。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。
ただし、上位資格の受験には指定講座受講が必要です。また、下位資格取得が求められるものもあります。

<KTAM>
特にありません。
<CKTT>
・KT協会認定KT基礎講座受講
<CKTP>
・CKTT資格取
・KT協会認定講座の受講(42時間)
<CKTI>
・CKTT資格取
・KT協会認定講座の受講(54時間)

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

KTAMは受講、その他はオンライン試験と実技試験がおこなわれます。

<KTAM>
キネシオテーピング基礎講座の受講。
<CKTT>
オンライン試験のみ。試験時間60分。30題出題。
<CKTP・CKTI>
オンライン試験と実技試験。試験時間90分。100題出題。
出題内容はそれぞれの試験で異なります。詳細は公式サイトを参照してください。

費用

開催講座により異なる場合があります。詳細は公式サイトを参照してください。

講座費用は開催地によって異なる。
<CKTT>
受験料:5,250円
年会費:7,000円
<CKTP>
資格登録料:20,000円
受験料:オンライン試験10,500円、実技試験15,750円
年会費:15,000円
<CKTI>
資格登録料:30,000円
受験料:オンライン試験10,500円、実技試験15,750円
年会費:15,000円

受験地

全国各地。オンライン試験、実技試験ともに申込みした試験会場での受験となります。

難易度

合格率などの情報は公開されていません。

スケジュール

公式サイトを参照してください。

お問い合わせ

◎キネシオテーピング協会
〒165−0025 東京都中野区沼袋1−8−8
TEL:03−3319−5381
URL:http://www.kinesiotaping.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR