潜水作業をおこなうための国家資格

潜水士

  • 就職・転職に有利
  • ボランティア・救助

国家資格

試験難易度 C 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

海運や海にかかる土木作業など、水中での作業が発生する仕事があります。潜水士は、一定の潜水作業をする場合に必要な国家資格で、財団法人 安全衛生技術試験協会が試験を実施しています。
潜水士は、潜水器を使いつつ、ボンベなどから空気の供給を受けて、水中での土木作業やサルベージ作業、船舶の補修、水産物採取、海洋調査、救助作業などをおこないます。海難事故の際、水中救助をする海上保安官も潜水士の資格を持っています。そのほか、資格を生かして漁業に活用する人や、水中撮影をおこなう人もいます。
また、身体への負担が大きい作業も多いので、この資格を持つ人には男性が多いようです。

将来性

周囲を海で囲まれた日本にとっては、海にまつわる作業は不可欠なものなので、安定した需要があるといえます。港湾関係の津波対策などで需要が発生するなどの影響もあり、人手不足の傾向があるようです。

職場・収入

海洋・港湾建設会社、海上保安庁、海上自衛隊などが対象です。ただし、筆記試験で合格できる資格なので、潜水の技能は別途身につける必要があります。また、単に潜水ができるだけでなく、水中で活かせる関連資格(水中溶接、船舶など)があれば、より評価されます。なお、フリーとして働く潜水士もいます。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。
ただし、合格後の免許交付は18歳以上という規定があります。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験がおこなわれます。
試験科目は以下のとおりです。
潜水業務、送気・潜降及び浮上、高気圧障害、関係法令

費用

試験手数料:6,800円

受験地

全国各地
安全衛生技術センター(北海道、東北、関東、中部、近畿、中国・四国、九州)。

難易度

2016年の試験結果は以下のとおりです。
受験者数 7,203名、合格者数 5,707名、合格率 79.2%

スケジュール

年4〜6回程度
4月、6月、7月、10月、1月(例年)

お問い合わせ

◎財団法人 安全衛生技術試験協会
〒101−0065 東京都千代田区西神田3−8−1 千代田ファーストビル東館9F
TEL:03−5275−1088
URL:http://www.exam.or.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR