マナーや国際儀礼についての知識と技能

マナー・プロトコール検定

  • キャリアアップに有利
  • 実力やレベルを証明

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

マナー・プロトコール検定は、特定非営利活動法人 日本マナー・プロトコール協会が実施する民間の検定です。プロトコールとは国際儀礼のことで、異文化の理解や宗教の違いに対する配慮などが含まれます。海外勤務や出張の多い仕事や、国際色豊かな場に出席する機会の多い仕事では、必要となります。

級・レベル・上位資格

<1級・準1級>マナー講師・人材の指導や育成に関わっている人などを対象
<2級>マナー教師を目指している・サービスのプロ・管理職などを対象
<準2級>航空会社やホテルなどのサービス業など
<3級>社会人としてのマナーや一般常識を身につけたい人など
なお、級によっては講座の受講が必要なものもあります。

職場・収入

マナーやプロトコールが必要とされるサービス業が対象です。国際線の客室乗務員、ホテルやブライダル、飲食といったサービス業などを目指す人が受験する傾向があるようです。取得によって就職が可能になるといったタイプの資格ではありませんが、職域を広げる一助になると言えます。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。
ただし、2級以上を受験するためには下位の級に合格している必要があります。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

級によって異なります。
<1級>個別検定試験(口頭試験問題など)
<準1級>公開検定試験(選択、論述問題)
<2級>協会主催のスクーリング講座を受講後、提出されたレポートと講師宛手書き礼状を審査
<準2級>公開検定試験もしくは、通信教育(準2級完全合格講座)を修了後、在宅検定を受験
<3級>公開検定試験もしくは、通信教育(3級合格講座)を修了後、在宅検定を受験

費用

検定料:
<準1級>9,000円
<準2級>6,000円
<3級>4,800円

受験地

東京、大阪、名古屋、福岡、仙台、札幌、広島(ただし、公開検定試験)

難易度

合格率は、準2級が55〜60%、3級が70%前後で推移しています。具体的な数値については、公開されていません。
公開試験の合格ラインは、概ね準1級が選択・論述合計で120点以上、準2級が65点以上、3級が115点(150点満点)前後です。

スケジュール

年2回
第1回:受付期間4月下旬〜6月中旬、試験7月
第2回:受付期間12月上旬〜1月下旬、試験2月

お問い合わせ

◎特定非営利活動法人 日本マナー・プロトコール協会
〒102−0093 東京都千代田区平河町1−9−9 レフラスック平河町ビル5F
TEL:03−5212−2600
URL:http://www.e-manner.info/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR