日本の大使館などで、地域情報を調査する

在外公館専門調査員

  • 公的機関への就職
  • 国際業務に有利
  • 社会に貢献

採用試験

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 本文等ご参照下さい 実務経験等 学歴等により必要な場合あり

アウトライン

こんな資格・仕事

在外公館専門調査員とは、海外にある在外公館(大使館や総領事館など)に派遣され、外交活動に役立てるために国や地域の政治や経済について調査する人のことです。ふつう2年の任期があります。

職場・収入

派遣先は諸外国となりますが、募集は欠員があったときにおこなわれるため、希望する国へいつでも応募できるわけではありません。月額報酬はおおよそ36〜69万円で、金額は派遣先により異なります。具体的な公館別の金額は試験会場に掲載されています。

受験資格(年齢制限、実務経験)

以下の条件が必要です。
・大学院(修士)修了以上の学歴。または学部卒業後、募集担当事項の専門分野において3年以上の職歴(調査・研究)がある
・業務を遂行するに足る充分な語学力がある
・在外公館の組織の一員として、海外での長期派遣の任に耐え得ること
・日本国籍があること

また、普通自動車運転免許を持っていることが望ましいとされています。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

一次試験と二次試験があります。
【一次試験】
一般常識、語学試験、適性検査、日本語作文
【二次試験】
日本語面接、受験語学による会話試験

受験地

【一次試験】
東京・大阪
【二次試験】
東京

難易度

難易度については公開されていません。

スケジュール

年2回
実施時期は変更される可能性があります。また、追加で試験がおこなわれることもあります。

お問い合わせ

◎社団法人 国際交流サービス協会
〒100−0013 東京都千代田区霞ヶ関2−2−1 外務省庁舎第一別館
TEL:03−3580−0905
http://www.ihcsa.or.jp/zaigaikoukan/zaigaikoukansencho-01/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR