海外で日本のために活躍する外交官

外務省専門職員採用

  • 公的機関への就職
  • 国際業務に有利
  • 社会に貢献

採用試験

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 本文等ご参照下さい 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

外務省専門職員は、高い語学力を用い、特定の地域の専門家として、または経済や安全保障などいった国際問題や交渉・協調を必要とする分野で活躍する公務員のことです。専門の採用試験がおこなわれます。
入省が決まったのちは、希望や適性などから研修語が決定され、4月から語学研修が始まります。5月から翌年3月までの実務研修を経て、2年目の4月から3ヶ月間語学と外務講義の集中研修を受け、2年目の夏以降に在外研修として海外に派遣されます。
試験に合格したのちは、採用候補者名簿(有効期間は1年)に掲載され、そのなかから面接などを経て採用者を決定します。

職場・収入

研修ののちは、研修語に関連する地域へ派遣されます。なお、対象となる研修語は約40あります。

将来性

外務省専門職員は、研修語と関連した国や地域におけるスペシャリストとなること、または国際政治に関わる業務のスペシャリストとなることを期待されています。
幹部として才能を認められる場合には、本省の課・室長、地域調整官、企画官などを経て、総領事や大使への道が開かれます。

受験資格(年齢制限、実務経験)

年齢と学歴の条件があります。
以下の条件が必要です。
・21歳以上30歳未満であること
・21歳以下の場合は、大学卒業、もしくは試験年度の3月までに卒業見込み。またはそれと同等であること
ただし、日本国籍をもたない者、国家公務員法第38条の規定により国家公務員となることができない者には受験資格がありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

一次試験と二次試験が実施されます。
【一次試験】
基礎能力試験、外国語、憲法、国際法、経済学、時事論文
【二次試験】
外国語会話試験、人物試験、身体検査

費用

採用試験のため、受験料はありません。

受験地

【一次試験】
東京都、京都市
【二次試験】
東京都

難易度

例年、合格率は4〜7%程度です。
2016年の募集人数は約50名でした。

スケジュール

年1回
申込受付期間:4月上旬〜4月中旬、第一次試験:6月中旬、第二次試験:7月下旬〜8月上旬、合格発表:8月下旬

お問い合わせ

◎外務省人事課採用班
〒100−8919 東京都千代田区霞が関2−2−1
TEL:03−3580−3311
URL:http://www.mofa.go.jp/mofaj/

◎人事院人材局企画課採用相談室
〒100−8913 東京都千代田区霞が関1−2−3
TEL:03−3581−5314、03−3581−5311
URL:http://www.jinji.go.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR