企画に合わせて動画や映像を生み出す仕事

映像クリエイター

  • 専門技術を取得

その他

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

映像クリエイターとは、クライアントのリクエストに合わせて映像を製作する仕事です。音楽のプロモーションビデオや、CGアニメーションによる広告用動画のほか、映画作品やTVドラマ、カラオケで流れる映像などもその対象に入ります。仕事によっては、Webサイトで流れるストリーミング動画を作ることもあります。映像を実現する手法は実写からCG・アニメなどさまざまなものがあり、特に限定はされていません。
これらの映像を製作するプロフェッショナルを総称して「映像クリエイター」と呼び、大別すると担当業務によって制作系と技術系のふたつに分かれています。制作系は、企画・制作に携わるプロデューサー、ディレクター、アシスタントディレクター、監督などです。技術系は、撮影、編集、CG・特撮技術などの専門職になります。また、ここにはCGクリエイター、編集オペレーターや音響スタッフ、サウンドクリエイターなども含まれます。

職場・収入

映画制作、TV番組の制作のほか、広く動画や映像を制作している会社が職場です。TVコマーシャルなど、特定の分野に特化して制作しているケースもありますが、複数の分野を手がけている場合もあり、会社によってまちまちです。応募条件は職場によってそれぞれ異なり、未経験者でも大丈夫という場合もありますが、実務経験やスキルをもつ方が歓迎される傾向はあります。待遇などは、職場によります。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

映像技術を教える大学や専門学校で、映像制作について学べます。

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR