日本が誇る文化・アニメーションの担い手

アニメーター

  • 専門技術を取得

その他

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 本文等ご参照下さい
学歴 本文等ご参照下さい 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

アニメーターは、アニメーションにおいて、原画や動画の仕事を担当するスタッフのことです。原画とはアニメの動きのなかで基礎となる絵を描く仕事で、動画は、原画と原画が繋がって動いていくように絵を追加する仕事です。この作業で、「絵が動く」アニメの基本的な部分ができあがります。以前はアナログで製作していましたが、現在では作業環境はほぼデジタル化しています。
一方で、マシンやロボットが中心になる場面などでは、コンピュータが計算して映像を描画する3DCGを使って製作されることもあります。最近では、人物も含めすべて3DCGによるアニメも珍しくありません。また、視覚効果であるVFX技術が演出に用いられてもおり、製作技術は高度化する方向にあります。
なお、前者と後者では必要とされる技術が異なります。

職場・収入

アニメ制作スタジオが主な職場です。募集の条件はそれぞれの職場で異なり、まったくの未経験者でも応募できる場合もあります。ただし、アニメーターの報酬は歩合制というケースもあるので、技術がない状態で仕事につくとその分収入に影響があることは考えられます。雇用形態は社員、契約社員などの形があり、スタジオの方針や製作プロジェクトにもよります。実力が認められ、作画監督になるなど製作の中核となって活躍することで、高収入を見込むこともできますが、厳しい道のりです。

将来性

日本のアニメは海外でも高く評価され、またクリエイターとして自由な発想で表現できる魅力ある分野でありますが、安定した地位と評価を得るまでは厳しい部分もあります。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特ににありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

大学や専門学校で、アニメーションの技術を学べます。

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR