日本の伝統工芸の担い手

伝統工芸士

  • 実力やレベルを証明
  • 伝統芸能・技能

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験が必要

アウトライン

こんな資格・仕事

伝伝統的工芸品とは、西陣織(京都)、加賀友禅、伊万里・有田焼、輪島塗、南部鉄器など昔から全国で作られてきた工芸品のことです。伝統工芸士は、日本各地にある伝統的工芸品産業の振興をめざして実施されており、伝統的工芸品を製作する職人として認められた人に贈られる称号です。試験は、一般財団法人 伝統的工芸品産業振興協会が実施しており、受験申請は、産地委員会を通じておこないます。伝統工芸士として7,683名が登録されています(2016年まで)。

受験資格(年齢制限、実務経験)

実務経験ほかの条件が必要です。
・経済産業大臣指定伝統的工芸品の製造に従事していること
・試験実施年度の4月1日現在12年以上の実務経験があること
・その産地に居住していること

ただし、その伝統工芸の種類によっては、独自の条件を設けている場合もあり得ます。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

地域や伝統工芸の種類により異なります。

費用

地域や伝統工芸の種類により異なります。

受験地

公開されていません。地域や伝統工芸の種類により異なります。

難易度

公開されていませんが、実務経験を必要とするので、取得までは時間の掛かる資格です。

スケジュール

工芸技術の種類によって実施頻度が異なります。詳しくは公式サイトあるいは実施団体にお問い合わせください。

お問い合わせ

◎一般財団法人 伝統的工芸品産業振興協会
〒107−0052 東京都港区赤坂8−1−22 2F
TEL:03−5785−1001
http://kougeihin.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR