思い出に残るブライダルを提案する専門家

ABC協会認定ブライダルプランナー検定

  • キャリアアップに有利
  • 就職・転職に有利
  • 実力やレベルを証明

民間資格

試験難易度 C 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

ABC協会認定ブライダルプランナー検定は、世界でも最大規模の全米ブライダル協会(ABC協会)が認定する民間の試験です。近年、結婚式のスタイルややり方、再婚、海外挙式など、ニーズが多様化する傾向があります。この検定は、こうしたブライダル業界でのプロフェッショナルを目指す人たちのためのものです。

級・レベル・上位資格

1級と2級、ABC協会認定アシスタント・ブライダルプランナー(ABP)があります。
さらに、そののち、実務経験などを経てABC協会認定プロフェッショナル・ブライダルコンサルタントなどの上級資格取得への道が開けます。

検定の1級に合格すると、ABC協会認定アシスタント・ブライダルプランナー(ABP)の資格取得が可能となります。この資格を取得したのち、実務経験などを経てABC協会認定プロフェッショナル・ブライダルコンサルタントなどの上級資格取得への道が開けます。

職場

ブライダル業界が主な対象となりますが、さらに上級の資格を取得してキャリアを積んでいくためには、1級合格が目安になります。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。
アシスタント・ブライダルプランナーは検定1級試験合格者が必要です。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験が実施されます。
出題内容は以下のとおりです。
<1級>
・コーディネートの知識、実務上での新規顧客・決定顧客へのさまざまな対応、準備能力、そして見積作成などのプランニング能力
・欧米ウェディングの体系的な流れやウェディング・パーティー各人の役割に加え、欧米での各宗教・宗教観に根付いたセレモニーの進行や、それぞれの慣習の理解力
・ 日欧米共通した、求められる人材像としての接客応対・文章・言葉遣いなどの総合的能力

<2級>
・日本における神前・教会・人前挙式それぞれの基礎知識、コーディネート分野の知識としての衣裳・フラワーなどの関連業務に関する知識
・欧米でのリハーサル・ウェディングから、ウェディング当日のセレモニー、レセプションまでの流れ
・ウェディング・パーティー各人の役割や欧米ブライダルプランナーの業務に関する知識

費用

受験料(税込):
<1級>15,000円
<2級>10,000円

受験地

全国のABC協会認定校

難易度

2017年におこなわれた試験の合格率は以下のとおりです。
<1級>71.9%(春期)
<2級>81.9%(冬期)

スケジュール

年2回。
1級は春期3月・夏期7月、2級は秋期9月・冬期1月。

お問い合わせ

◎ABC協会認定ブライダルプランナー検定事務局
〒160−0023 東京都新宿区西新宿7−8−10 オークラヤビル4F
TEL:03−5925−6548
URL:http://www.bridalplanner.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR