人類の財産についての知識を問う

世界遺産検定

  • キャリアアップに有利
  • 国際業務に有利
  • 生活・趣味を充実

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

世界遺産検定は、特定非営利活動法人 世界遺産アカデミーが主催する民間の試験です。世界遺産についての知識を検定するものです。
また、世界遺産検定は世界遺産の保全活動の輪を広げることも目的としており、受検料の一部はユネスコ「世界遺産基金」に寄付され、世界遺産の保護や保全などに活かされています。

級・レベル・上位資格

マイスター、1〜4級のレベルがあります。
<マイスター>世界遺産に通底する価値を理解し、自分自身の意見を述べることができる
<1級>世界遺産の理念を理解し、全遺産の過去から現代までを歴史の流れの中で理解できる 
<1級リスタ>1級以上の取得者向けに知識レベルを確認するための制度
<2級>世界遺産の理念を理解し、主要300物件の過去から現代までを歴史の流れの中で理解できる
<3級>世界遺産の理念を理解し、主要100物件の過去から現代までを歴史の流れの中で理解できる
<4級>日本の全遺産と、主要な世界の遺産30件を対象とする

職場・将来性

直接、就職に役立つ資格とはいえませんが、観光・旅行業界を目指す人が前提となる知識を深めたり、職域を広げるために利用されている面があります。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。
ただし、マイスターと1級では、下位レベルの合格などの条件があります。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

級によって異なる形式の筆記試験があります。
<マイスター>論述形式、3題
<1級>マークシート形式、90問
<2級>マークシート形式、60問
<3級>マークシート形式、60問
<4級>マークシート形式、50問

費用

受験料:
<マイスター>19,000円
<1級>9,700円
<1級リスタ>4,000円
<2級>5,500円
<3級>4,500円
<4級>3,000円

受験地

札幌、仙台、さいたま、千葉、東京、横浜、金沢、松本、名古屋、京都、大阪、広島、高松、福岡、熊本
実施状況により異なる場合があるので、詳細は公式サイトを参照してください。

難易度

2016年12月の試験結果は以下のとおりです。
<マイスター>受験者数 36名、認定者数 19名、認定率 52.8%
<1級>受験者数 831名、認定者数 175名、認定率 21.1%
<2級>受験者数 3,376名、認定者数 1,687名、認定率 50.0%
<3級>受験者数 4,074名、認定者数 3,087名、認定率 75.8%
<4級>受験者数 736名、認定者数 698名、認定率 94.8%

スケジュール

年3〜4回(3月、7月、9月、12月)
マイスターと1級は7月、12月の実施

お問い合わせ

◎特定非営利活動法人 世界遺産アカデミー
〒100−0003 東京都千代田区一ツ橋1−1−1 パレスサイドビル9F
TEL:03−6267−4302
URL:http://www.sekaken.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR