エスプレッソなどコーヒー類のスペシャリスト

JBAバリスタ

  • キャリアアップに有利
  • 実力やレベルを証明

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 特定の養成機関への入学 実務経験等 本文等ご参照下さい

アウトライン

こんな資格・仕事

JBAバリスタは、一般社団法人 日本バリスタ協会が認定する民間資格です。バリスタとは、イタリアのバール(喫茶店)でエスプレッソをはじめとするコーヒーなどの飲み物を提供する職業のことをいいます。JBAバリスタは、コーヒーとその関連商品についてのサービス向上をめざし、優秀なバリスタを養成する目的で開催されています。認定校でのカリキュラム修了ののち、認定試験に合格すれば取得できます 。

級・レベル・上位資格

レベル1、レベル2、レベル3(マエストロ)の3段階のライセンス、JBA認定校で講師となるためのJBAインストラクターライセンスがあります。

職場・将来性

喫茶店やカフェのほかホテルなど、本格的なコーヒーを提供する店舗や企業などが主な職場です。ただし、認定校の修了や業界での勤務経験が受験資格として必要になるので、実際にバリスタを目指して働いている人などが受験するのが一般的でしょう。

受験資格(年齢制限、実務経験)

認定校の修了、実務経験などが必要です。
受験資格の詳細は以下のとおりです。
・それぞれのレベルに対応したJBA認定校の修了証を持っていること
・バリスタとして勤務中(アルバイト可)、またはコーヒー関連企業に就業している。もしくは、JBA認定校が別途開講するJBA認定のカリキュラムの必要課程修了後1年未満である。
またレベル2、レベル3は下位レベルの有効なライセンスが必要です。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

スクール受講終了後に筆記と実技試験がおこなわれます。

スクール受講内容:コーヒーの基礎知識、エスプレッソマシンの構造、抽出の仕組み、JBAとしてのエスプレッソの知識、エスプレッソの抽出技術、エスプレッソのテイスト、JBAとしてのカプチーノの知識、カプチーノの製造技術、その他
レベルごとに内容も高度になります。

認定試験は、筆記のほか実技もおこなわれます。内容は以下のとおりです。
<レベル1>筆記・実技
<レベル2>筆記・テイスティング・実技
<レベル3>筆記・テイスティング・実技・論文
詳細は公式サイトを参照してください。
なお、受験条件であるスクールでの受講期間は2日間ほどです。

費用

受講費用:
<レベル1>37,000円
<レベル2>50,000円
<レベル3>60,000円

受験費用:
<レベル1>15,000円
<レベル2>20,000円
<レベル3>25,000円

受験地

東京、大阪

難易度

合格率などは公開されていません。

スケジュール

スケジュールは決定され次第、公式サイトに掲載されます。

お問い合わせ

◎一般社団法人 日本バリスタ協会
〒106−0032 東京都港区六本木5−10−33−403
TEL:03−5411−7335
URL:http://www.jba-barista.org/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR