建設用機械を管理し、施工を監督する人材向けの国家資格

建設機械施工技士

  • キャリアアップに有利
  • 就職・転職に有利

国家資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験が必要

アウトライン

こんな資格・仕事

建設機械施工技士は、社団法人 日本建設機械化協会が試験を実施する国家資格です。建築現場にあるブルドーザーやショベルカーといった大型の機械を操作して工事する技術、土木技術や管理技術のほか、その熟練度・応用力を認定します。この資格を取得すると、施工現場の監理技術者(1級のみ)または主任技術者としての資格も得られます。また、この資格は建設業の許可を受ける際に必要です。

級・レベル・上位資格

1級と2級があり、2級は第1種〜第6種に種別ごとの検定試験です。

職場・将来性

建設業界が主な職場です。資格名を指定しての求人もあり、転職には有利と考えていいでしょう。建設業界では一定のニーズが期待できる資格です。

受験資格(年齢制限、実務経験)

基本的に実務経験が必要です。
学科試験・実地試験ともに受験するには実務経験が必要ですが、求められる年数は学歴や所有する資格により異なります。

<1級>
大学:専任の主任技術者としての実務経験1年以上。または指導監督的実務経験を1年以上含んでおり指定学科卒業であれば3年以上、それ以外は4年6ヶ月以上
高卒:専任の主任技術者としての実務経験1年以上含んでいる場合は8年以上(指定学科)もしくは9年6ヵ月以上(それ以外)。または指導監督的実務経験を1年以上含んでいる場合は10年以上(指定学科)または11年6ヶ月以上(それ以外)
学歴によらない場合:専任の主任技術者としての実務経験1年以上含んでいる場合は13年以上、指導監督的実務経験を1年以上含んでいる場合は15年以上 など

<2級>
大学:1年以上(指定学科卒業)または1年6ヶ月以上(それ以外)
高等学校:3年以上(指定学科卒業)または4年6ヶ月以上(それ以外)
学歴によらない場合:8年以上 など

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

学科試験と実地試験がおこなわれます。
学科試験のみ、実地試験のみの受験もできますが、受験条件があります。

<1級>
【学科試験】
土木工学、建設機械原動機、石油燃料、潤滑剤、建設機械、建設機械施工法、法規
【実地試験】
・建設機械組合せ施工法(共通科目、記述式)
・操作施工法の試験:トラクター系建設機械操作施工法、ショベル系建設機械操作施工法、モーター・グレーダー操作施工法、締め固め建設機械操作施工法、ほ装用建設機械操作施工法、基礎工事用建設機械操作施工法から2科目を選択

<2級>
【学科試験】
共通科目(土木工学、建設機械原動機、石油燃料、潤滑剤、法規)、第1種〜第6種までの選択科目
【実地試験】
受検種別(全6種)ごとに、所定のコース内で建設機械操作施工法の試験を実施

費用

受験手数料:
【学科試験】
<1級>10,100円
<2級>10,100円(1種別)

【実地試験】
<1級>
27,800円(操作施工法2科目と組合せ施工法)
21,400円(操作施工法1科目と組合せ施工法)
15,000円(組合せ施工法のみ)
<2級>
21,600円(施工機械1種別につき)

受験地

【学科試験】(2017年度実施)
北広島市、滝沢市、東京都、新潟市、名古屋市、大阪市、広島市、高松市、福岡市、那覇市
【実地試験】(2017年度実施)
石狩市、岩沼市、栃木県下都賀郡壬生町、秩父市、富士市、小松市、刈谷市、明石市、小野市、広島市、善通寺市、福岡県糟屋郡須恵町、沖縄県国頭郡宜野座村

難易度

2016年に実施された試験の結果は以下のとおりです。
【学科試験】
1級 受験者数 3,372名、合格者数 1,051名、合格率 31.2%
2級 受験者数 8,522名、合格者数 4,843名、合格率 56.8%

【実技試験】
1級 受験者数 1,161名、合格者数 1,008名、合格率 86.8%
2級 受験者数 5,040名、合格者数 4,431名、合格率 87.9%

スケジュール

毎年1回
申込受付期間:3月上旬〜4月上旬、学科試験:6月中旬、学科試験合格発表:8月上旬、実地試験:6月中旬(1級組合せ施工法)8下旬〜9月中旬(1、2級操作施工法)、実地試験合格発表:11月下旬

お問い合わせ

◎社団法人 日本建設機械化協会
〒105−0011 東京都港区芝公園3−5−8 機械振興会館
TEL:03−3433−1575
URL:http://www.jcmanet.or.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR