管工事の現場技術者などに必須の国家資格

管工事施工管理技士

  • キャリアアップに有利
  • 就職・転職に有利
  • 独立に有利

国家資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験が必要

アウトライン

こんな資格・仕事

管工事施工管理技士は、財団法人 全国建設研修センターが試験を実施する国家資格です。建設作業で必要となる冷暖房設備、空調設備、給排水・給湯設備、厨房設備、浄化槽設備、ガス管配管設備などの工事の経験者を対象としています。法律により営業所や工事現場にはこれらの資格を持った技術者を配置しなければならないと定められています。

級・レベル・上位資格

1級と2級の2レベルがあります。1級と2級では専任の技術者となれる許可業種、主任技術者・監理技術者の区分は異なります。

職場・収入

管工事をおこなう建設業を営む会社が主な職場です。受験には実務経験を必要とするため、実績を得たのちにステップアップを目指して受験することになります。資格を指定しての求人も豊富で、転職にも有利です。

将来性

業界では需要の高い資格であり、今後も安定した求人数が期待できます。なかには独立して自営業を始めるケースもあるようです。

受験資格(年齢制限、実務経験)

基本的に実務経験が必要です。
学科試験・実地試験ともに受験するには実務経験が必要ですが、求められる年数は学歴によります。

<1級>
大学:3年以上(指定学科卒業)または4年6ヶ月以上(それ以外)
高等学校:10年以上(指定学科卒業 )または11年6ヶ月以上(それ以外)
学歴によらない場合:15年以上 など

<2級>
大学:1年以上(指定学科卒業。ただし、受験種別に6ヶ月以上)または1年6ヶ月以上(それ以外。ただし受験種別に9ヶ月以上)
学歴によらない場合:8年以上ほか など

また、2級合格後の実務経験・専任の主任技術者経験などの条件によっても異なります。
詳細は公式サイトを参照してください。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

学科試験と実地試験がおこなわれます。
学科試験のみ、実地試験のみの受験もできますが、受験条件があります。
1級・2級とも試験範囲は次のとおりです。
【学科試験】機械工学等、施工管理法、法規
【実地試験】施工管理法

費用

受験手数料:
<1級>学科試験 8,500円/実地試験 8,500円
<2級>学科・実地試験 8,500円/学科試験のみ 4,250円/実地試験のみ 4,250円

受験地

札幌、青森、仙台、東京、新潟、金沢、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、鹿児島、那覇(ただし青森、金沢、鹿児島は2級のみ)

難易度

合格率などは公開されていません。

スケジュール

年1回
<1級>
申込受付期間:5月上旬〜下旬、学科試験:9月上旬、学科合格発表:10月中旬、実地試験:12月上旬、実地合格発表:2月下旬
<2級>
申込受付期間:5月上旬〜下旬、学科・実地試験:11月中旬、合格発表:2月下旬

お問い合わせ

◎一般財団法人 全国建設研修センター 試験業務局管工事試験部管工事試験課
〒187−8540 東京都小平市喜平町2−1−2
TEL:042−300−6855
URL:http://www.jctc.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR