インターネットでデータを記述するXML言語の能力

XMLマスター

  • キャリアアップに有利
  • 就職・転職に有利
  • 実力やレベルを証明

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

XML(Extensible Markup Language)とはマークアップ言語といわれるもののひとつで、本来テキストであるインターネット上のファイルの文章やデータに属性や付加情報をつけることができます。この記述で書かれたファイルは商取引や販促などへの二次利用がしやすくなります。
XMLマスターとは、XMLについての技術力を測る民間の試験制度です。
また、XMLは策定以来大きな変更がないことから、この資格には期間による失効がありません。

職場

ITエンジニアとして働く部署(システム課など)のある会社のほか、IT開発・サービスを行う会社などが対象です。

将来性

インターネットを利用した情報の発信やサービスは今後もなくなることはないため、XMLのような基盤となるスキルへの需要は継続すると見られています。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。
ただし、プロフェッショナルの受験には、ベーシックの合格が必要です。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

CBT方式での試験がおこなわれます。
試験範囲は次の通りです。

<ベーシック>
XML概要、XML文書の作成、DTD、XML Schema、XSLT/XPath、名前空間

<プロフェッショナル(アプリケーション開発)>
DOM/SAX、DOM/SAXプログラミング、XSLT、XML Schema、XML処理システム構築技術、XML要素技術の活用

<プロフェッショナル(データベース)>
XMLデータのDB化に関する概要、XQuery/XPath式、XMLDBの操作、XMLデータ構造の設計

費用

受験料:
<ベーシック> 15,000円
<プロフェッショナル(アプリケーション開発)> 15,000円
<プロフェッショナル(アプリケーション開発)> 15,000円

受験地

全国各地
全国にあるプロメトリックの試験会場で実施されます。詳細は公式サイトを参照してください。

難易度

合格率などは公開されていません。ベーシックで70%以上、プロフェッショナルで80%以上の正答率が必要とされます。

スケジュール

毎日実施
詳細は公式サイトを参照してください。

お問い合わせ

◎XML技術者育成推進委員会 運営事務局
〒151−0053 東京都渋谷区代々木1−36−6 代々木駅前ビル7F
TEL:03−6276−1169
URL:http://www.xmlmaster.org/

受験についての詳細
◎プロメトリック
URL:http://it.prometric-jp.com/reserve/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR