美術館・博物館などで活躍する知的専門職

学芸員

  • 実力やレベルを証明
  • 学校、講習等で取得
  • 公的機関への就職

国家資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 高卒程度以上 実務経験等 学歴等により必要な場合あり

アウトライン

こんな資格・仕事

学芸員とは、国が認定する国家資格をもち、博物館で専門的な仕事をおこなう職員のことです。主な仕事は、研究・調査、収集・展示普及、保存・管理の3分野になります。専門分野を研究したり、博物館の資料を集めて保管、展示を実施します。博物館で常に展示されているもの以外にも、特別展示、講演会、講座など、それぞれテーマに合わせた企画をし、実施することもあります。その際、館内にない資料や展示物を、別の博物館に交渉して借りる、または購入するといった役割も担います。さらには、ポスターやパンフレットを作成するなどの広報活動も仕事の範囲です。

級・レベル・上位資格

下位資格として「学芸員補」があります。

職場・収入

国や地方自治体の公務員として採用される方法と、私立博物館に就職する方法があります。
バブルの時代に企業が文化活動に力を入れていた時代には、企業が出資して私立博物館や美術館を建てる例がありましたが、最近は低調です。
反面、地方活性化のために、個性的な博物館を設けたり、歴史的遺産を世界遺産に申請して観光の目玉にしようとする例などもでています。

受験資格(年齢制限、実務経験)

学芸員になるには、原則として博物館法によって定められた資格が必要です。
資格を取得するには、3つの方法があります。
・大学で必要な科目(博物館に関する科目)を修得し卒業する
・大学に2年以上在学(上記の必要科目の単位も含めて62単位以上を修得)し、3年以上学芸員補の職にある
・学芸員資格認定の合格者(試験認定または無試験認定)
なお、学芸員資格認定試験の受験資格は「学士」「学芸員補の職に4年以上いること」などです。
詳しくは公式サイトを参照してください。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

以下は学芸員資格認定試験についての情報です。
筆記試験がおこなわれます。

試験認定の試験科目は、次のとおりです。
必須科目:生涯学習概論、博物館学、博物館経営論、博物館資料論、博物館資料保存論、博物館展示論、博物館教育論、視聴覚教育メディア論
選択科目:文化史、美術史、考古学、民俗学、自然科学史、物理、化学、生物学、地学の中から2科目を選択する

費用

試験認定(一科目につき):1,300円
審査認定:3,800円
詳しくは公式サイトを参照してください。

受験地

東京(試験・面接会場:国立教育政策研究所 社会教育実践研究センター)

難易度

2015年度の結果は次のとおりです。
<試験認定>出願者数 110名、合格者数 66名
<無試験認定>出願者数 65名、合格者数 35名

スケジュール

学芸員資格認定試験は年1回。
出願期間:6〜8月、試験:11月中旬〜12月上旬、結果送付:1月下旬〜2月下旬

お問い合わせ

◎文部科学省生涯学習政策局社会教育課指導研修係
〒100−8959 東京都千代田区霞が関3−2−2
TEL:03−5253−4111(内線2093)
URL:http://www.mext.go.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR