法律についての全国検定

法学検定試験

  • キャリアアップに有利
  • 実力やレベルを証明
  • 生活・趣味を充実

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

法学検定試験は、公益財団法人 日弁連法務研究財団と社団法人 商事法務研究会が主催し、法学検定試験委員会が実施している法律についての検定試験です。この試験は、学生をはじめ、一般企業に勤務する社会人など幅広い層の法律学の知識・能力を客観的に評価するためのものです。

級・レベル・上位資格

ベーシック(基礎)コース、スタンダード(中級)コース、アドバンスト(上級)コースの3つのレベルがあります。
また別に、法科大学院受験者のための法学既修者試験もおこなっています。法学既修者試験については合否ではなく、スコア制です。

職場・将来性

現在法学を学んでいる、法律関係の資格試験を受験するなどの目的をもった人にとって役立つ試験といえます。なお、法学既修者試験の受験者は半数以上が学生です。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験がおこなわれます。
マークシート方式です。
<ベーシックコース(旧4級)>
・法学入門、憲法、民法、刑法
<スタンダードコース(旧3級)>
・必須科目(法学一般、憲法、民法、刑法)
・選択科目(選択科目A群から1科目選択)
<アドバンストコース(旧2級)>
・必須科目(法学基礎論、憲法、民法、刑法)
・選択科目(選択科目A群から1科目、選択科目A群およびB群からもう1科目選択)

選択科目A群(民事訴訟法、刑事訴訟法、商法、行政法)
選択科目B群(労働法、倒産法、経済法、知的財産法)

費用

受験料(税込):
<ベーシックコース(旧4級)>4,320円
<スタンダードコース(旧3級)>6,480円
<アドバンストコース(旧2級)>9,720円

受験地

札幌、仙台、東京、愛知、京都、大阪、岡山、愛媛、福岡、沖縄

難易度

2016年度法学検定試験の結果は以下のとおりです。
<アドバンスコース>受験者数 449名、合格者数 85名、合格率 18.9%
<スタンダードコース>受験者数 1,463名、合格者数 817名、合格率 55.8%
<ベーシックコース>受験者数 3,219名、合格者数 1,951名、合格率 60.6%

スケジュール

年1回
出願受付期間:9月上旬〜10月中旬、試験:11月中旬、試験結果発送:12月中旬ごろ

お問い合わせ

◎法学検定試験委員会事務局
〒103−0025 東京都中央区日本橋茅場町3−9−10 公益社団法人商事法務研究会内
TEL:03−5614−5636
URL:http://www.jlf.or.jp/hogaku/index.shtml

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR