登山客の安全を守る山遊びのスペシャリスト

山岳ガイド

  • 実力やレベルを証明
  • ボランティア・救助
  • 学校、講習等で取得

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 本文等ご参照下さい
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

山岳ガイドは、登山をはじめ、スキー・ロッククライミング・カヌーなどさまざまな目的をもった登山客を案内し、安全に山を楽しむために必要な技術を教えるなどのサポートをおこなうガイドのことです。登山ガイドなど類似した名前で呼ばれることもあります。山遊びだけでなく、登山教室や環境調査、山に関するアウトドア分野活動の支援などの仕事もあります。
日本には国家資格はなく、公益社団法人 日本山岳ガイド協会や社団法人 日本アルパインガイド協会でガイド資格の認定や養成をおこなっています。

級・レベル・上位資格

公益社団法人 日本山岳ガイド協会の実施資格には、自然ガイド、登山ガイド、国際山岳ガイド、山岳ガイド、スキーガイドがあります。自然ガイドと山岳ガイドにはステージI〜II、登山ガイドにはステージI〜IIIがあります。
社団法人 日本アルパインガイド協会の実施資格には、アスピラント・ガイド、アルパイン・ガイド、マウンテン・ガイドという3つの資格があります。

職場・収入

個人でガイド業をおこなうほか、旅行会社などツアーを企画している企業での仕事があります。ただし、ガイド業をするのには資格は必須ではありません。収入は、契約の形態などによって異なります。

将来性

トレッキングなどのブームを受け、ツアー登山での遭難事故が増えています。事故を未然に防ぐための専門のガイドとともに登山するなど、業界での必要性は高まりつつあります。

受験資格(年齢制限、実務経験)

認定団体によって異なりますが、基本的に登山経験と年齢制限が求められます。
以下は、公益社団法人 日本山岳ガイド協会と社団法人 日本アルパインガイド協会の前提条件です。また、どちらの協会でも、上位資格の受験には下位資格の取得や取得後の実績が必要な場合があります

<公益社団法人 日本山岳ガイド協会>
満20歳以上で、一定以上の登山経験があること など

<社団法人 日本アルパインガイド協会>
・満20歳以上で、一定以上の登山経験があること(アスピラン・ガイド) など

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

認定団体により異なりますが、実技は必ず試験されます。
<公益社団法人 日本山岳ガイド協会>
筆記試験と講習・実技検定が実施されます。

<社団法人 日本アルパインガイド協会>
研修ののち、試験が実施されます。試験内容は、実技審査、ガイド技術などです。

費用

試験により金額が異なります。
<公益社団法人 日本山岳ガイド協会>
山岳ガイド/国際山岳ガイド:体力・適性試験 15,000円、筆記試験 15,000円
その他講習・検定があり、各40,000〜120,000円です。
自然ガイド(ステージ 機法筆記試験(一次試験) 20,000円、 二次試験 28,000円 など。
詳細は公式サイトを参照してください。

受験地

<公益社団法人 日本山岳ガイド協会>
詳細は公式サイトを参照してください。

<社団法人 日本アルパインガイド協会>
三ツ峠、剣岳周辺、城山、谷川岳、越沢、谷川上州周辺、甲斐駒、八ヶ岳周辺、白馬周辺、白馬立山など

詳細は公式サイトを参照してください。

難易度

合格率などのデータは公開されていませんが、一定以上の登山実績が必要であり、取得は簡単ではありません。

スケジュール

<公益社団法人 日本山岳ガイド協会>
試験によります。詳細は公式サイトを参照してください。

<社団法人 日本アルパインガイド協会>
申込期限は一般コースが6月下旬ごろ、特別コースは随時。
詳細は公式サイトを参照してください。

お問い合わせ

◎公益社団法人 日本山岳ガイド協会
〒160−0008 東京都新宿区 三栄町18 丸藤ビル201号
TEL:03−3358−9806
URL:http://www.jfmga.com/


◎社団法人 日本アルパイン・ガイド協会 事務局
〒249−0001 神奈川県逗子市久木7−7−19
TEL:046−876−5193
URL:http://www.agsj.org/trainingschool/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR