ネットショップ開設から運営までのスキルを認定する

ネットショップ実務士

  • 実力やレベルを証明
  • 専門技術を取得
  • 学校、講習等で取得

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 本文等ご参照下さい

アウトライン

こんな資格・仕事

ネットショップ検定は、一般財団法人 ネットショップ能力認定機構が実施する民間の試験です。この試験の各スキルに指定された条件をクリアすると「ネットショップ実務士」の資格を得られます。
この試験では、「マネジメント(M)」「プロモーション(P)」「Web制作(W)」「運営(O)」などのスキルについて実力を測ります。

級・レベル・上位資格

ネットショップ実務士補(入門):必要な知識範囲の把握、業界動向の理解、成長ステップの理解など
レベル1(基礎知識):ネットショップのビジネス環境、小売業の分類と特徴、ネットショップの出店形態と特徴、ネットショップの制作など
レベル2(実践知識):運営管理、Web制作業務、プロモーション業務等、時事問題
レベル3(実践知識):実務経験、トレーニング実績など
レベル4(EC企画能力):情報収集能力、クリエイティブシンキング、ロジカルシンキングなど
レベル5(EC経営能力):PDCA実践、教育能力、モチベーションUPなど
なお、現在一部のレベルはまだ実施されていません。
レベル3では、マネジメント、プロモーション、Web制作、運営の職種ごとに認定がおこなわれます。

また、セミナー受講と修了試験によって取得する補助資格、ネットショップ実務士補もあります。

将来性

実務経験者のほか、Eコマース分野での仕事を希望する学生なども受検しており、一定の実力があることを確認できます。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。
レベル3では勤務実績の証明が必要です。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験または書類審査がおこなわれます。
レベル1とレベル2では筆記試験です。試験範囲は公式テキストと、経済ニュースやIT関係の話題など最新情報のほか、一般的なビジネス常識からも出題されます。
レベル3は勤務実績の証明書類をもとに審査がおこなわれます。本人確認のために面接がありますが、レベル2試験合格者は免除されます。

費用

受験料/資格申請料(税込)
<レベル1>7,000円
<レベル2>7,500円
<レベル3>10,000円(レベル2資格者:7,000円)

受験地

東京、名古屋、大阪、福岡

難易度

合格率などは公開されていません。レベル1とレベル2の合格基準は全出題数の70%です。

スケジュール

随時

お問い合わせ

◎一般財団法人 ネットショップ能力認定機構
〒105−0021 東京都港区東新橋2−10−10 東新橋ビル2F
URL:http://acir.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR