夏に大学で実施される「司書講習」でも資格が取れる

司書

  • キャリアアップに有利
  • 学校、講習等で取得
  • 公的機関への就職

国家資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 短大程度以上 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

「司書」とは図書館法で定める公立図書館の専門職員の職名ですが、官民を問わず図書館や資料室に働く人たちの総称としても用いられています。
司書は、図書資料の選択・購入、購入した資料の分類、蔵書目録の作成、図書案内や指導などをおこないます。また、読書活動推進のためのさまざまなイベント企画や窓口業務なども司書の仕事です。
司書・司書補になるための方法は大きくわけて2つあります。大学・高等専門学校などの卒業生あるいは司書補経験者が司書講習を修了する方法と、大学・短大で司書資格取得に必要な科目を履修して卒業する方法です。
小・中・高・盲・聾・養護の各学校に設置される学校図書館については別に「司書教諭」という資格があります。

職場・将来

地方自治体などがおこなう採用試験を受けて図書館に配属されて初めて司書または司書補としての仕事ができます。また、資格を活かして、企業の資料室や大型書店などへの就職も考えられます。

受験資格(年齢制限、実務経験)

学歴・実務経験が求められます。
科目の履修、講習の修了によって取得できますが、前提に以下の条件があります。
・ 在学中に必要な科目を理由する場合はその後卒業すること。
・大学(短大を含む)に2年以上在学し、62単位以上を修得しているかまたは高等専門学校を卒業していること(講習の場合)
・2年以上司書補として勤務した経験がある(講習の場合)

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

講習内容

講習ののち取得です。
<司書講習>
司書講習は全国14大学程度で実施される集中講習で、図書館に関する専門科目について学習します。
<司書補講習>
司書補講習は全国5大学程度で実施される集中講習で、図書館に関する専門科目について学習します。
採用試験は上記とは別におこなわれます。
国立国会図書館では独自の採用試験を実施しています。詳しくはこちら(http://www.e-sikaku.net/sikaku/326)を参照してください。
国公立大学などに付属した図書館での採用試験は、北海道、東北、関東甲信越、東海・北陸、近畿、中国・四国、九州の7つの地区実施委員会により実施されます。
第1次試験は上記の地区単位で行う筆記試験、第2次試験は各大学等によりおこなわれる面接考査等を予定しています。第1次試験では特に司書としての専門的な試験はおこなわれませんが、第2試験で問われることもありえます。
都道府県・市区町村の公立図書館の司書では、自治体の採用試験がおこなわれます。臨時採用、非常勤職員での募集がおこなわれることもあります。

費用

受講料が必要です。一例では全科目受講で15万円程度(司書補10万円程度)で、別途教科書代などがかかります。

受験地

司書講習を実施している大学は、毎年文部科学省で公開されます。公式サイトを参照してください。

難易度

講習や履修によって資格は取得できますが、採用は毎年あるとは限らないので、就職については資格取得とは異なる難しさがあります。

スケジュール

司書講習および司書補講習は、おおむね7〜9月にかけて実施されます。
講習の実施大学、期間、問い合わせ先については毎年3月下旬から4月上旬に官報に告示されます。
官報は図書館で閲覧できます。

お問い合わせ

◎文部科学省
〒100−8959 東京都千代田区霞が関3−2−2
TEL:03−5253−4111(代表)
(1)司書(補)については、生涯学習政策局社会教育課指導研修係(内線2970)
(2)司書教諭については、初等中等教育局児童生徒課指導調整係(内線2390)
(3)大学図書館については研究振興局情報課大学図書館係(内線4079)
URL:http://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/gakugei/shisyo/


◎地方公務員の採用試験については、各都道府県庁等にお問い合わせください。
・都道府県庁URL一覧(e-資格)

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR