エックス線装置を使う現場の責任者資格

エックス線作業主任者

  • キャリアアップに有利

国家資格

試験難易度 C 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

エックス線作業主任者は、公益財団法人 安全衛生技術試験協会が試験を実施する国家資格です。エックス線装置(医療用の一部の機器を除く)を使う現場では、必ずこの資格をもった人を責任者とすることが法律で定められています。この役割を担当する人を、エックス線作業主任者と呼びます。管理区域ごとに置かれたエックス線作業主任者は、安全に作業をできるようエックス線による障害を防止する措置をおこないます。

職場・収入

非破壊検査をおこなう企業が主な職場です。資格手当の対象となることは、一般的にはあまりないようです。この資格からステップアップして上位資格を取得することで、転職対象となる業界を増やすことができます。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験がおこなわれます。
試験科目は、「エックス線の管理に関する知識」「関係法令」「エックス線の測定に関する知識」「エックス線の生体に与える影響に関する知識」です。
なお、取得している資格によっては科目の免除があります。詳細は公式サイトを参照してください。

費用

試験手数料:6,800円

受験地

安全衛生技術センター(北海道、東北、関東、中部、近畿、中国四国、九州の各地)

難易度

2014年度の試験結果は以下のとおりです。
受験者数 5,444名、合格者数 3,258名、合格率 59.8%

スケジュール

試験は毎月実施されます。

お問い合わせ

◎公益財団法人 安全衛生技術試験協会
〒101−0065 東京都千代田区西神田3−8−1 千代田ファーストビル東館9F
TEL:03−5275−1088
URL:http://www.exam.or.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR