現場で農業技術・経営を支援する

普及指導員

  • キャリアアップに有利
  • 就職・転職に有利
  • 公的機関への就職

国家資格

試験難易度 B 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験が必要

アウトライン

こんな資格・仕事

普及指導員とは農林水産省が実施する国家資格で、各都道府県の専門職員として、農業をおこなう人たちを対象に、直接、農業技術経営について支援する普及事業に携わります。普及指導員は、各地の普及指導センターに配置され、支援をおこないます。なお、この支援は国と都道府県が協同して実施しています。

職場・収入

各都道府県の普及指導センターが主な職場となります。

受験資格(年齢制限、実務経験)

学歴に応じて、一定の実務経験が必要です。

・大学院修了者は2年以上
・大学等卒業者は4年以上
・短大等卒業者は6年以上
・高等学校卒業者は10年以上
・改良普及員資格試験合格者は2年以上(学歴にかかわらず)

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

書類審査、筆記試験、口述試験があります。

【書類審査】
実務経験についての業績報告書についておこなわれる。
【筆記試験】
審査課題ア(必須項目):農業概論
審査課題イ(選択項目):作物、園芸、畜産、土壌及び肥料、植物保護、労働・機械及び農作業、地域計画、流通及び加工、経営管理からひとつを選択
【口述試験】
面接。農業の現場での課題解決に必要な意欲・常識・態度・意思疎通の能力などについておこなう。

費用

受験手数料はかかりません。

受験地

札幌、仙台、さいたま、金沢、名古屋、京都、岡山、熊本、那覇

難易度

2016年の試験結果は以下のとおりです。
受験者数 513名、合格者数 320名、合格率 62.4%

スケジュール

年1回
願書受付期間:5月上旬〜6月上旬、筆記試験:8月下旬、口述試験11月下旬、書類審査・筆記試験合格発表:11月上旬、口述試験合格発表:12月下旬

お問い合わせ

◎農林水産省 生産局技術普及課 組織班
〒100−8950 東京都千代田区霞が関1−2−1
TEL:03−3501−3769
URL:http://www.maff.go.jp/j/seisan/gizyutu/hukyu/index.html

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR