Webデザインについての国家検定

ウェブデザイン技能検定

  • キャリアアップに有利
  • 就職・転職に有利
  • 実力やレベルを証明

国家資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 本文等ご参照下さい 実務経験等 本文等ご参照下さい

アウトライン

こんな資格・仕事

「ウェブデザイン技能検定」は、技能検定のひとつです。技能検定とは国が行う検定制度で、127種類の職種についてそれぞれ試験をしています。この検定は、Webデザインに関わる技術者のスキルと地位を向上させる目的でおこなわれています。
インターネットのトレンドに合わせ、企業の公式サイト、販売サイト、情報サイトなど目的に適したWebサイトをデザインします。仕事によっては運用や管理に携わることもあります。

級・レベル・上位資格

レベルは1級、2級、3級の3段階に分かれ、それぞれ受験資格が異なります。

職場・将来性

国の認定であり、取得によりスキルの裏付けを期待できます。ただし、Webデザインの仕事は必ずしも資格が必要ではなく、取得によって就職や転職が保証されるタイプのものではありません。その点はその他のIT系資格と同様です。Webデザイナーとしてキャリアを積みながら、客観的なスキルの証明として取得するとよいでしょう。職場はWebデザインやWebサービス開発をおこなうIT系企業、またはデザイン会社が主になります。

受験資格(年齢制限、実務経験)

受験級により異なります。

3級には、特に受験資格はありませんが、1級と2級には次の受験資格があります。
<1級>
【実技試験】
・学科試験合格者
【学科試験】
・7年以上の実務経験がある
・職業高校、短大、高専、高校専攻科、専修学校、各種学校卒業または普通職業訓練修了後に、5年以上の実務経験を有する者
・大学卒業後、3年以上の実務経験がある
・高度職業訓練修了後に、1年以上の実務経験がある
・2級の技能検定後、2年以上の実務経験がある

<2級>
・2年以上の実務経験がある
・職業高校、短大、高専、高校専攻科、専修学校、各種学校卒業または普通職業訓練を修了
・大学を卒業
・高度職業訓練を修了
・3級の技能検定に合格

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

試験は学科試験と実技試験、ペーパー実技(1級のみ)があります。

【学科試験】(マーク方式)
・インターネット概論
・ワールドワイドウェブ(WWW)法務
・ウェブデザイン技術
・ウェブ標準
・ウェブビジュアルデザイン
・ウェブインフォメーションデザイン
・アクセシビリティ・ユニバーサルデザイン
・ウェブサイト設計・構築技術
・ウェブサイト運用・管理技術
・安全衛生・作業環境構築

【実技試験】(課題選択方式)
・ウェブサイト構築

費用

受験手数料
<1級>学科:7,000円 実技:25,000円(合計32,000円)
<2級>学科:6,000円 実技:12,500円(合計18,500円)
<3級>学科:5,000円 実技:5,000円(合計10,000円)

受験地

<1級>東京、大阪、福岡(学科のみ)
<2級>北海道、宮城、埼玉、東京、神奈川、愛知、大阪、岡山、福岡、沖縄
<3級>北海道、宮城、埼玉、東京、神奈川、石川、愛知、大阪、岡山、福岡、佐賀、鹿児島、沖縄
ただし、一部会場では、開催しない回もあります。

難易度

合格率については公開されていません。

スケジュール

年4回
<1級>2月(実技)・11月(学科)、<2級>2月・5月・8月・11月、<3級>2月・5月・8月・11月(例年)
合格発表:試験1ヶ月後

なお、年度により開催時期が変わることがあります。詳細は公式サイトを参照してください。

お問い合わせ

◎インターネットスキル認定普及協会 新宿事務所
〒160−0023 東京都新宿区西新宿7−7−26 ワコーレ新宿第一ビル 1002号
TEL:03−6304−0378
URL:http://www.webdesign.gr.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR