教員免許状を取得して公立または私立の幼稚園で働く

幼稚園教諭

  • 公的機関への就職
  • 学校、講習等で取得
  • 社会に貢献

国家資格

試験難易度 AA 年齢制限 年齢制限あり
学歴 短大・大学卒程度以上 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

幼稚園教諭とは幼稚園で働くために必要な免許で、国が認定する資格です。幼稚園とは小学校や中学校と同じように、学校教育法に規定されている教育施設のことです。保育所で働く保育士の仕事とは共通点もありますが、幼稚園教諭は教育の観点から幼児の心身を育て、力を伸ばす指導をおこないます。
資格を取得するには、所定の学校を卒業する方法と、幼稚園教員資格認定試験に合格する方法があります。未経験の人は、大学、短期大学の幼児教育科や初等教育学科で取得に必要な単位を修得、または幼稚園教諭の育成を目的とした文部科学大臣指定の専修学校を卒業するのが一般的です。保育士として一定の在職経験をもつ人は、幼稚園教員資格認定試験を受験できます。
幼稚園教諭免許状には、専修免許状、一種免許状と二種免許状があります。専修免許状は大学の修士課程などで、一種免許状は4年制大学、二種免許状は短期大学や専門学校、幼稚園教員資格認定試験合格で取得できます。なお、どの免許でもできる仕事の範囲は同じです。

将来性

常に一定の人気がある仕事で、長期間働く人が多いため、資格取得後の就職が難関といえます。また、幼保一元化政策もあり、保育士からの資格取得者もいるため、求人に対する応募数は多くなる方向にあります。

職場・収入

公立幼稚園または私立幼稚園が勤務先です。資格取得後、採用試験を受けて合格することで、幼稚園教諭として働くことができます。収入は就職先の規定によりますが、昇給率が他の職種よりも控えめという傾向があるようです。

受験資格(年齢制限、実務経験)

実務経験または学歴が必要です。
・保育士として3年以上の実務経験がある。
・次のいずれかに該当している
(1)大学(短期大学を含む)に2年以上在学し、かつ、62単位以上を修得した者、高等専門学校を卒業した者、またはこれらの者と同等の資格を有すると認められる者
(2)高等学校を卒業した者、その他大学に入学する資格を有する者で、受験する年の4月1日における年齢が満20歳以上の者

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験が実施されます。
【第一次試験】一般教養科目、教職に関する科目(I)、教職に関する科目(II)
【第二次試験】教職に関する科目(III)、指導案の作成に関する試験

費用

受験手数料:13,400円

受験地

【第一次試験】北海道、宮城県、埼玉県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、岡山県、香川県、福岡県
【第二次試験】北海道、宮城、東京都、愛知県、大阪府、岡山県、福岡県

難易度

基本的に合格率などの情報は公開されていませんが、平成19年度の試験では、次のとおりでした。
受験者数 1,467名、合格者数 319名、合格率 21.7%

スケジュール

年1回
受付期間:6月上旬〜中旬、第一次試験:9月上旬、第二次試験:10月中旬、最終合格発表:12月下旬
公立幼稚園の採用試験については各都道府県教育委員会にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

教員免許および幼稚園教員資格認定試験について

◎文部科学省初等中等教育局教職員課
〒100−8959 東京都千代田区霞が関3−2−2
TEL:03−5253−4111
URL:http://www.mext.go.jp/


公立幼稚園の教員採用試験について

◎全国都道府県教育委員会連合会
URL:http://www.kyoi-ren.gr.jp/link/

・都道府県庁URL一覧(e-資格)

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR