文部科学省とフランス大使館後援のフランス語検定

実用フランス語技能検定

  • 実力やレベルを証明
  • 国際業務に有利
  • キャリアアップに有利

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験が必要

アウトライン

こんな資格・仕事

財団法人 フランス語教育振興協会が実施している民間の認定試験で、文部科学省および在日フランス大使館文化部から後援を受けています。フランス語を学ぶ日本人を対象にしており、1981年の創設以来、受験者数は延べ65万人に達しています。

級・レベル・上位資格

試験は1級、準1級、2級、準2級、3級、4級、5級の7段階のレベルに分かれています。なお、1級合格者は「通訳案内士」の外国語筆記試験が免除されます。

職場・将来

上位の級に合格すれば、フランス語を使用した仕事や企業の求人などに語学力をアピールすることができます。フランス企業と取引のある日本企業やフランス資本の外資系企業などで活躍するチャンスにつながるでしょう。また、アフリカやカナダなどフランス語圏の国であっても同様です。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

級により一次試験と二次試験があります。
【一次試験】(マークシート方式・記入式・記述式など)
筆記、聞き取り、書き取り(準2級以上)
【二次試験】(準2級以上)
個人面接
3級までは「筆記」と「聞き取り」の1次試験のみです。2級以上は、「筆記」、「書き取り」、「聞き取り」の一次試験と、「個人面接」の二次試験がおこなわれます。

費用

検定料(国内/パリ会場):
<1級>12,000円/13,000円
<準1級>10,000円/11,000円
<2級>8,000円/9,000円
<準2級>7,000円/8,000円
<3級>5,500円/7,000円
<4級>4,500円
<5級>3,500円

受験地

全国各地、パリ(海外)。

難易度

1級では、合格率は例年10%程度と難度も高くなります。
2015年度の合格率は、次のとおりです。
<1級>11.3%
<準1級>22.1%
<2級>32.9%
<準2級>53.6%
<3級>65.9%
<4級>68.2%

スケジュール

年2回
春期:受付期間4月上旬〜5月下旬、一次試験6月下旬、二次試験7月下旬、結果通知8月中旬(1級〜準2級)、7月中旬(3級〜5級)
秋期:受付期間9月上旬〜10月下旬、一次試験11月下旬、二次試験1月下旬

お問い合わせ

◎公益財団法人 フランス語教育振興協会 仏検事務局
〒120−0073 東京都千代田区九段北1−8−1 九段101ビル
TEL:03−3230−1603(祝日除く平日10:00〜17:00)
URL:http://apefdapf.org/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR