競争馬の足を守る専門家

認定装蹄師

  • 専門技術を取得
  • 独立に有利
  • 学校、講習等で取得

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限あり
学歴 特定の養成機関への入学 実務経験等 本文等ご参照下さい

アウトライン

こんな資格・仕事

馬を使ったスポーツで、蹄(ひづめ)をケアするのが装蹄師です。装蹄とは蹄の保護はもちろん、運動に適した状態を保ったり、足の状態の矯正や、治療の補助をおこなう技術のことをいいます。装蹄師は、先天的な足のトラブルをはじめ、競走馬となってからおきる病気やケガを解剖学や生理学、運動学や生体力学などの知識を駆使して軽減したり、解決します。
認定装蹄師は、社団法人 日本装蹄師会が認定する民間資格です。なお、装蹄師とは別に牛の蹄を対象にした牛削蹄師という資格もあります。

級・レベル・上位資格

資格の種類は、指導級認定装蹄師、1級認定装蹄師、2級認定装蹄師の3種類があります。

職場・収入

対象となる職場は、牧場など生産地、競馬場、乗用馬のいる施設などです。JRA(日本中央競馬会)、牧場、乗馬クラブの職員などとして働く場合(勤務装蹄師)と、独立して個人で仕事を請け負う場合(開業装蹄師)があります。勤務装蹄師では、収入はその職場によって異なります。開業装蹄師は、頭数×装蹄料金(1〜2万円程度)が収入となります。

受験資格(年齢制限、実務経験)

年齢の制限があります。
また、上位の資格を得るには下位資格の取得と一定の年数が必要です。

<指導級認定装蹄師(2指導級昇級研修会)>
1級資格取得後9年を経過していること
<1級認定装蹄師(1級昇級研修会)>
2級資格取得後4年を経過していること
<2級認定装蹄師(装蹄師養成認定講習会)>
入講年度の4月1日現在に満18歳以上であること

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

基本的に所定の講習会・研修会ののち試験をおこないます。

2級認定装締師になるための装蹄師養成認定講習会のみ、事前に選考試験があります。
<指導級認定装蹄師>
指導級昇級研修会を受講して、昇級試験を受ける
<1級認定装蹄師>
1級昇級研修会を受講して、昇級試験を受ける
<2級認定装蹄師>
1年間の全寮制の装蹄師養成認定講習会を受講し、認定試験を受ける
<装蹄師養成認定講習会 選考試験>
【一次試験】筆記試験(高等学校卒業程度の一般教養レベルの試問)
【二次試験】面接試験と体力試験

なお、装蹄師養成認定講習会の講習内容は以下のとおりです。
【学科】馬および装蹄に関する一般科目、馬の肢蹄および運動に関する専門科目、装蹄技術に関する専門科目
【実技】造鉄実技、装蹄実技、飼養管理実習

費用

装蹄師養成認定講習会・選考試験:受験料:21,600円
装蹄師養成認定講習会
受講料:151万2千円
寮管理費:30万8千円
講習実費:40万円
寮費:1ヶ月ごと約3万円から3万5千円(個室電気代、食費)

受験地

栃木県宇都宮(研修会・講習会)

難易度

合格率などの情報は公開されていませんが、1年間全寮制の講習を受けるほか、上位資格受講の条件に長い実務経験が必要とされます。簡単に取れる資格ではないということは言えるでしょう。

スケジュール

詳細は公式サイトを参照してください。

お問い合わせ

◎公益社団法人 日本装削蹄協会
〒105ー0004 東京都港区新橋4−5−4 JRA新橋分館
TEL:03−6821−4450
URL:http://sosakutei.jrao.ne.jp/

◎装蹄教育センター
〒320−0851 栃木県宇都宮市鶴田町1829−2
TEL:028−648−0007

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR