企業年金のスペシャリスト

DCアドバイザー

  • キャリアアップに有利
  • 就職・転職に有利
  • 実力やレベルを証明

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限あり
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

DCアドバイザーのDCは、私的年金のひとつである確定拠出年金プラン(Defined Contribution Plan)の略語です。
DCアドバイザーは特定非営利法人 確定拠出型年金・教育普及協会(DC協会)が主催する民間資格です。確定拠出年金をはじめとする公的・私的年金全般、人事労務・賃金についての基本知識をもち、企業に適切なアドバイスをおこなうことができる人を認定します。

級・レベル・上位資格

DCアドバイザー資格の登竜門となる下位資格、DCアドバイザー・アソシエがあります。確定拠出年金の制度と特徴、投資運用の基礎知識、社会人として知っておきたいビジネスコンプライアンス・CSRの基礎知識についての試験です。

職場・収入

確定拠出年金を取り扱う金融機関などが職場となります。また税理士、社会保険労務士、中小企業診断士、ファイナンシャルプランナーの資格をもつ人たちが取得している例もあります。関連の職場に就いてから取得を目指すというルートが一般的でしょう。

将来性

2012年3月末に廃止された適格年金制度の代わりとして確定拠出年金に入った企業もあり、活躍の場は増えたといえます。2017年には企業型DCの加入者は 590 万人を超えました。

受験資格(年齢制限、実務経験)

試験実施時に満20歳以上という年齢制限があります。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

マークシート方式の筆記試験がおこなわれます。
試験範囲は以下のとおりです。
第1分野:労務・賃金及び企業年金導入、確定拠出年金制度
第2分野:社会保険・私的年金の周辺知識、リタイアメントプラン
第3分野:資産運用情報、確定拠出年金と投資教育
初回の受験では、全分野の受験が必須です。

費用

受験手数料:10,800円(3分野)、8,700円(2分野)、6,500円(1分野)

受験地

東京、名古屋、大阪、福岡、札幌

難易度

合格率などは公開されていませんが、正答率は65%程度が合格ラインです。

スケジュール

年1回。
申込期間6月〜10月、試験:12月、合格発表12月中旬

お問い合わせ

◎特定非営利法人 確定拠出型年金・教育普及協会(DC協会)
〒101−0051 東京都千代田区神田神保町3−17−3 都ビル6F
TEL:03−3222−6113(平日10:00〜17:00)
URL:http://nenkinnet.org/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR