オープンソースのDBを開発・運用するスキルを認定

オープンソースデータベース技術者認定資格(OSS−DB技術者認定資格)

  • 就職・転職に有利
  • 実力やレベルを証明
  • 高収入も可能

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

オープンソースデータベース(以下、OSS−DB)とは、無料で使用できるデータベース・ソフトウェアのことです。利用に加えて改良や再配布もできるため、世界中のさまざまなシステムで採用されています。
オープンソースデータベース技術者認定資格(OSS−DB技術者認定資格)は、特定非営利活動法人 エルピーアイジャパン(LPI−Japan)が実施する民間資格で、OSS−DBの技術や知識を認定しています。普及しているOSS−DBには何種類かありますが、この試験では利用者の多い「PostgreSQL 9.0」を基準のソフトウェアとしています。取得したのちは、現役のスキルであることを意味する認定有意性の期間が5年あります。その期間内に再取得あるいは上位レベルの試験に合格すると、期間は延長できます。

級・レベル・上位資格

試験のレベルはOSS−DB GoldとOSS−DB Silverの2種類があります。
<Gold>
大規模データベースシステムの改善・運用管理・コンサルティングができる技術者
<Silver>
データベースシステムの設計・開発・導入・運用ができる技術者

職場・収入

実施団体はLinux技術者認定試験の実績で知られており、転職やキャリアアップをする際にスキルをアピールできるでしょう。

将来性

Webアプリケーションでは、OSS−DBは圧倒的なシェアがあり、技術者は常に不足している状態です。システムのIT化もますます進んでいくと予想されているので、当分この状況が続くと考えていいでしょう。とても有望な資格といえます。

受験資格(年齢制限、実務経験)

特にありません。
ただし、Goldの受験にはSilverの資格が必要です。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

コンピュータベーストテスト(CBT)でおこなわれます。
試験時間は90分で、出題範囲は次のとおりです。
<Gold>運用管理 30%、性能監視 30%、パフォーマンスチューニング 20%、障害対応20%
<Silver>一般知識 20%、運用管理 50%、開発/SQL 30%

費用

受験費用(税抜):
<Gold> 15,000円
<Silver> 15,000円

受験地

全国各地

難易度

合格率などは発表されていませんが、一般的な学習期間の目安は、一般的な学習期間の目安としては2週間〜1カ月程度とされています。なお、結果は試験終了すぐにわかります 。
なお、合格の目安はGoldで70点、Silverで64点です。

スケジュール

受験者が申込時に選択します。詳細は、公式サイトを参照してください。

お問い合わせ

◎LPI−Japan事務局
〒106−0041 東京都港区麻布台1−11−9 CR神谷町ビル7F
TEL:03−3568−4482
URL:http://www.oss-db.jp/

<スケジュール・受験地について>
◎ピアソンVUE
URL:https://www.pearsonvue.co.jp/Clients/OSS-DB.aspx

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR