地方・地域の地方公共団体で職務にあたる

地方公務員

  • 公的機関への就職
  • 社会に貢献

採用試験

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限あり
学歴 学歴不問 実務経験等 本文等ご参照下さい

アウトライン

こんな資格・仕事

地方公務員とは地方公共団体で職務にあたる職員の総称です。

都道府県庁、区市町村の役所・役場で働く職員だけに限定されたものではありません。
職場は公立の病院、保健所、消防署職員、学校、福祉施設、図書館などさまざまであり、職種は事務のほかに、看護師や保健師などの医療職、司書、福祉関係の相談員といった専門職のほか、農林・土木・建築・水産などの技術系の職種もあります。
募集分野・人数は、各地方の状況によって異なります。

職場・収入

給与は各自治体で定めた俸給表によります。
公務員と民間とで給与の格差が開かないようにするために、例年、人事院によって民間企業の給与水準についての調査が実施されています。

受験資格(年齢制限、実務経験)

都道府県、区市町村によって受験資格が異なります。
それぞれの人事委員会などに問い合わせて調べてください。

大卒程度、短大卒程度、高卒程度などの学歴別に試験を実施する例や、
東京都のように年齢でいくつかの区分に分けて試験を実施するところもあります。

最近では「キャリア採用」「再チャレンジ試験」などの呼び名で、
新卒者以外に経験者を採用する例が増えてきています。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験中心の1次試験と面接による2次試験の2段階で試験をおこなう自治体が多いようです。自治体によっては3次選考までをおこなうこともあります。
一般教養についての五枝択一式の問題が出題される「教養試験」、専門分野について記述式で出題される「専門試験」、与えられたテーマについて自分の考えなどを書く「論文試験」のほか、口述試験などがあり、採用枠に合わせた試験を実施しています。

費用

採用試験であるため、受験料はありません。

受験地

各都道府県

難易度

試験によって異なります

スケジュール

各地方公共団体によって異なります。
「キャリア採用」「再チャレンジ試験」などの中途採用は随時募集がおこなわれます。

お問い合わせ

各都道府県庁等にお問い合わせください。
※都道府県庁のホームページ等でご確認ください。

◎地方公共団体情報システム機構
https://www.j-lis.go.jp

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR