毒物・劇物を取り扱うための必須資格

毒物劇物取扱責任者

  • キャリアアップに有利
  • 学校、講習等で取得
  • 就職・転職に有利

国家資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限あり
学歴 学歴不問 実務経験等 実務経験は不要

アウトライン

こんな資格・仕事

毒物劇物取扱責任者は、毒物または劇物を取り扱うために必要な国家資格です。毒物・劇物にはさまざまな種類があり、毒物及び劇物取締法で規定されているものです。一例としてはヒ素や水銀、クロロホルム、硝酸などがあります。
これらの製造・輸入・販売業をおこなう場合には、必ず毒物劇物取扱責任者を置かなければならないと定められています。対象となる毒物には毒物及び劇物取締法で規定されており、さまざな種類があります。

級・レベル・上位資格

試験は、一般、農業品目、特定品目の3種類があり、それぞれ対象となる毒物・劇物の種類が異なります。一般は毒物・劇物のすべてを扱うことができ、農業用品目は農業用に定められているものを、特定品目は特定品目として定められているものを扱うための資格です。一般の合格者は、製造業・輸入業・販売業の毒物劇物取扱責任者になれますが、農業用品目と特定品目の合格者は製造業の毒物劇物取扱責任者にはなることはできません。

職場・収入

対象となる毒物・劇物を取り扱う会社が主な職場となります。就職してから必要に応じて取得する人も多く、この資格だけで就職が有利になることは難しいでしょう。会社によっては資格手当の対象となるケースもあります。

将来性

特定の業界では必須の資格であるため、取得しておいて損はありませんが、反面、取得者が多い資格でもあります。

受験資格(年齢制限、実務経験)

18歳以上という年齢制限があります。
ただし、麻薬、大麻、あへん又は覚せい剤の中毒者など、一定の条件に該当する場合には、受験資格がありません。
なお、薬剤師、厚生省令で定める学校で、応用化学に関する学課を修了した人は、すでに毒物劇物取扱責任者の資格を有しているので、受験の必要はありません。

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

筆記試験と実施試験がおこなわれます。
試験内容は以下の通りです。
【筆記試験】
毒物及び劇物に関する法規、基礎化学、毒物及び劇物の性質及び貯蔵その他取扱い方法
【実地試験】
・毒物及び劇物の識別及び取扱方法

費用

受験料は実施する都道府県によって異なります。

受験地

各都道府県

難易度

2016年度の試験結果は以下のとおりです(東京都の例)。
<一般>受験者数 775名、合格者数 446名、合格率 57.5%
<農業用品目>受験者数 108名、合格者数 38名、合格率 35.2%
<特定品目>受験者数 11名、合格者数 1名、合格率 9.1%

スケジュール

年1回。
日時は実施する都道府県によって異なります。

お問い合わせ

◎東京都福祉保健局
〒163−8001 東京都新宿区西新宿2−8−1
TEL:03−3343−5709
(東京都毒物劇物取扱者試験案内テレホンサービス 24時間対応)
URL:http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kenkou/iyaku/sonota/d_g/shikaku/index.html

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR