印刷物を想定通りに製作する校正のスキルを証明

校正技能検定

  • 実力やレベルを証明
  • 専門技術を取得
  • 学校、講習等で取得

民間資格

試験難易度 本文等ご参照下さい 年齢制限 年齢制限なし
学歴 本文等ご参照下さい 実務経験等 本文等ご参照下さい

アウトライン

こんな資格・仕事

校正とは、出版物の内容を原稿と照らし合わせたり、写真やイラストが正しくかつ適切に使用されているかなどを確認したりするプロセスのことです。この作業を担当する人を校正者と呼びます。
校正技能検定は、日本エディタースクールが認定する民間資格です。

級・レベル・上位資格

初級・中級・上級の2種類がありますが、初級は各種教育機関で指定単位科目を修得することで認定されます。

職場・収入

この資格をもっていれば就職できる類の資格ではありませんが、印刷会社、編集プロダクションなど、出版物を扱う会社、また、校正を専門におこなう会社などが主な職場となります。稀に実績を重ねた人では、フリーの校正者として活躍する例もあります。

将来性

資格がなくても校正の仕事に就くことはできますが、その分、実務・経験などを求められる面があります。ただし、職場で学ぶ場合、スキルに偏りが起きる可能性もあるので、実務経験と資格の両方を持つことよりアピールしやすくなるでしょう。

受験資格(年齢制限、実務経験)

所定のコース習得、実務経験など級によります。

<上級>
・中級試験合格者

<中級>
・日本エディタースクールの指定コースを修了していること
・校正に関して各種機関で一定の実技訓練を受けた、もしくは実務経験がある
・上記に準ずると校正技能検定委員会が認めた場合

試験の概要(科目、試験方法、免除規定等)

試験内容

実技試験、学科試験があります(上級・中級)。

<上級>
【実技試験】
・初校原稿引き合わせ
・赤字引き合わせ・素読み
【学科試験】
・校正作業に必要な知識
・用字・用語に関する知識
・一般的知識

<中級>
【実技試験】
・初校原稿引き合わせ
・校正刷り、校正作業
【学科試験】
・校正作業に必要な知識
・用字用語に関する知識
・一般的知識

費用

検定料(税込):8,640円(中級)、9,720円(上級)

受験地

東京、関西

難易度

2016年に実施された試験の結果は次のとおりです。
<上級(145回)>
受験者数 43名、合格者数 16名、合格率 37.2%
<中級(146回)>
受験者数 161名、合格者数 61名、合格率 37.9%

スケジュール

年1〜2回。
上級:申込受付1月、試験3月、
中級:申込受付5月、10月、試験7月・12月

お問い合わせ

◎日本エディタースクール
〒101−0061 東京都千代田区三崎町2−4−6
TEL:03−3263−5891
URL:http://www.editor.co.jp/

TOPICS

◎この資格、または関連資格・スキルが学べる学校を、<e-専門学校ガイド>で探そう。[PR]

どっちコンテンツ

どちらを取得するべき?似ている資格を、さまざまなアプローチから、徹底比較!

PR